環境建築への取り組み

d0031378_1528332.jpg3月25日に

『環境に貢献する住宅建築を考えるシンポジウム』

が開催されました。




d0031378_15285281.jpg昨年12月からUDCK、大学関係者、環境建築の専門家、行政、地域の建築士など10名ほどが毎回集まり研究を重ねてきました。

【専門的に言うと、CASBEE(キャスビー)という環境性能評価基準を取り入れ、さらに柏市独自の環境条例をつくっていくための試設計を行う、実務者を交えた実践的な研究です。】

いよいよ私の発表の番に・・・かなり緊張してしまいましたが、自分が考えてきたことを何とか皆さんに伝えることが出来ました。日頃このような場に出る機会のない私にとって貴重な経験でした。



d0031378_15291545.jpg
私の担当

その1

「風が通り抜ける家」

・・・(双子の家)


d0031378_15305951.jpg
その2

「空を望む家」

・・・(柏の家)

(模型は東京理科大の学生さんたちが協力してくれました。)



会場には100名を超える来客があったそうです!環境建築への意識が高まっていることを感じます。
この研究に参加させていただく事で、これまで自身が行ってきた設計をあらためて見つめ直すとともに、環境建築への理解を深め、また新しい努力目標を見つけることも出来ました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

今後も良い家・環境をつくるために努力、努力。



・模型とパネルはしばらくの期間、柏の葉駅すぐ前のUDCK(アーバンデザインセンター)に展示されていると思いますので、もしもご興味のある方はのぞいてみて下さい。
(シンポジウムの研究・発表内容は冊子にまとめられ、今後どこかで配布・公開されると聞いています。)

・UDCKの構成団体:柏市、千葉大学、東京大学など

トラックバックURL : http://nldesign.exblog.jp/tb/9521983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 「一緒に暮らそう」の家づくり at 2009-04-01 11:28
タイトル : 建築にとってのバリアフリー
2回ほど、講演を聴きにいった話が続く予定です。 最初は「UDCK環境フォーラム 環境に貢献する住宅建築を考える」。 2009年3月25日に柏の葉アーバンデザインセンターで行われました。 我が家は見学会の行われた日だったのですが、気になる建築家さん達が話をす..... more
Commented by 五十嵐正人 at 2009-04-01 11:45 x
「一緒に暮らそう」の家づくりブログの方に、フォーラムの記事を書いてみました。
建築のことはよく分からないのですが、思うままを・・・。

そうそう、教えていただいた「引き残し用着脱戸当り」が届きました。さっそく試してみたいと思います。ワクワク!

トラックバックしてみました。
Commented by sora-peso at 2009-04-03 18:27
五十嵐さん、トラックバック先の記事を拝見しました。貴重なご意見だと思いました。
新しい基準が出来ると、例えば今まで環境面に配慮して努力してきた人(家)が新基準に合わないということで『バツ』になる可能性があります。特別な考えはなくただ言われるまま基準通り設計をした人(家)は『優秀』となります。いつも設計をしていて思うのは、実は「基準通り」ということは簡単なのです。それを超えて、そこに住む人のことをよく考えて基準や法律と闘い続けることも必要です。五十嵐さんのお考えのように『バリアフリー』に関しても怪しいことが多いことは確かだと思います。マニュアル通りが、本当に優れたことなのか皆が問い直さないといけませんね。

先日はご新居を拝見させていただいて、色々と勉強になりました。
戸当たりの効果もまた今度教えてください。
by sora-peso | 2009-03-28 17:39 | ●建築に関する事いろいろ | Trackback(1) | Comments(2)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧