大工さんの自邸

大工さんの家(1)

大工さんの家を設計中です。

d0031378_187213.jpg


大工さんとの出会いは、数年前に担当させていただいた店舗の仕事で
一度だけご一緒させていただきました。
それからしばらく経って、ご自宅の設計についての相談のお電話を
いただきました。

「普段たくさんの設計屋さんと仕事をしているけれど、自宅を作るときは
なんとなく丹羽さんに頼もうと決めてました」

大工さんはそんな風に言ってくれました。
覚えていてくれただけでも嬉しいのに、自宅の設計まで・・・
私にとってはとても、とても嬉しい出来事でした。

自分もそうだったように、きっとそれ以上に、大工さんにとって
『自分の家を建てる』ということは特別なことだと思います。

頑張って取り組みたいと思います。
きっと楽しい家が出来そう!!


(昨日は夕方から打合せを始めて、気付くと12時をまわり
なんと翌日になっていました!!今日の仕事は大丈夫だったでしょうか!
今後も熱い打合せが続きそうですね。)

トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/11631767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ringo_de_pai at 2010-07-28 10:05
丹羽さん、 こんにちは
お元気ですか
連日の猛暑にお仕事何かと大変なのではと心めぐらせています。
特に一昨日は落雷とゲリラ豪雨と竜巻のニュースに
暑さと異常気象を毎年口にすれど今年は本当に次元の違うもので
少し恐くなったりしています。

大工さんのお家を設計なさるのですね♪
丹羽さんの嬉しさと意気込みが伝わってくるようです(^^)
昨日本屋さんで最新の天然生活をみました。
幼い頃実家の土間(硬く踏み固めた)の台所や今は生産されていない
であろう模様入りすりガラスの建具が妙に恋しくなりました。
どちらも思い出の中だけ、 チャンスがあったらそんな空間に
住むことができたらと憧れです。

大工さんのお家、 完成は勿論ですが
それまでの話し合いや工程が素晴らしく充実しそうに思います。
私も(勝手に)大変楽しみです。
Commented by 松原 at 2010-07-28 18:17 x
こんばんわ。
大工さんだったら、たくさんの設計士さんと関わっているはずなのに
そんな中から丹羽さんを選んでくれたのですね♪
とってもうれしいことですね。
大工さん、みる目あるなぁ~って思います!!
体調にはきをつけて頑張ってくださいね。
Commented by sora-peso at 2010-07-29 07:18
ringoさん、こんにちは!
大工さんが土間を作りたい理由は2つあります。

土間を通りぬけてそのまま洗面所に。二人の息子さんもサッカーをしているので、みんな真っ黒で帰ってきたらお風呂へ直行できるような間取りです。

それから、やはりご実家には土間があったこと。

私も生まれ育った家には土間があり(やがてそこに居間を増築)、ringoさんのように、図面を描きながらそういったことが懐かしい思い出として蘇ってくることがあります。ガラスの模様なども妙に覚えているものですよね!

Commented by sora-peso at 2010-07-29 07:48
松原さん、お久しぶりです!
そうです。大工さんに選んでいただいたことは光栄なことです。
でも他の設計士さんより秀でた能力があるとも思わないし、
どうして選んでくれたのだろう?と思いましたが
「なんとなく・・」
というところが自分にはぴったりかな、と思いました。

以前に松原さんも私を選んでくれたように、たくさんの候補の中から何かを期待して選んでもらえた訳ですから、その気持ちに応えよう!ということが大きなプレッシャーになります。それで苦しむこともあるわけですが、そのことが大きな原動力になって長期間の仕事に気持ちを切らさず取り組むことができます。
感謝の気持ちを忘れてはいけない、いつも自分に言い聞かせ大切にしていることです。
by sora-peso | 2010-07-27 19:16 | ●大工さんの家 | Trackback | Comments(4)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧