雑誌の取材を受けました

d0031378_18464360.jpg

本日、元・巨人軍投手の角さんがうちの事務所にやって来ました!

先日大阪の出版社の方より突然取材依頼の電話がありました。このようなTVや雑誌の話があるといつも気がのらずに断っていて、やはり最初お断りしたのですが角さんも記者として来るし、出版社の方もわざわざ大阪からいらっしゃるとの事で思い切って受けることにしました。(小さい頃から巨人ファンだったので。。)

角さんは気さくなとても良い人でした。靴の大きさはきっと30センチ位あります。独立までの歩みや日頃どんな仕事をしているか、心掛けていること、将来の展望などのインタビューを受けました。

その中で、自分の仕事を野球に例えるとどのポジションになるかという話をしました。では対談形式で。

丹羽(私):「ピッチャーはお客様、そのピッチャーとバッテリーを組むキャッチャーが自分で、野手が職人さんたち。自分はあくまで目立たないがしっかりサインを送り、ピッチャーや野手を励まし、メンバー全員の様子・試合の流れを見ることが出来るキャッチャーでありたい。最近、どうしても自分がピッチャーをやりたくて、お客様は危ないからベンチで見ていて下さい、っていう建築家が多いと思うのです。」

この話に対して、角さん:「丹羽さんの立場はおそらくヘッドコーチに近いですね。やっぱり目立たない裏方だけど、全選手に直接指揮をとる重要なポジションはヘッドコーチですから。きっと監督になりたがる人が多いという事ですよね。」

丹羽:「なるほど!」

(プロ野球選手と野球の話がしたくて、強引に野球に例えました。)

きっとこの内容は掲載されないでしょうが、8月末に発売される雑誌(一般書店では売っていなくて、よく銀行や病院、大きなホテル等に置かれている本です)に当事務所が紹介されます。是非ご覧になってください。


→読売巨人軍・オフィシャルWEB SITE
トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/1196348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sora-peso | 2005-07-06 19:47 | ・お知らせ | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る