地鎮祭と 男のロマン

大工さんの家(2)

先週末、『大工さんの家』の地鎮祭が行われました。

d0031378_22405017.jpg朝方まで強い雨が降っていたのですが、地鎮祭が始まる頃には小雨になりました。

大工さんのご主人と、水道屋さんの奥さまと元気で明るい子供たちの家。良い家になりますように!!
これから建築確認申請など行い、着工に向けて準備を進めて行きます。


d0031378_2241485.jpg
今日は、大工さんと待ち合わせして薪ストーブを見学してきました。ストーブや煙突の仕組み・構造・設置方法など詳しく聞くことができました。大工さんも真剣です。建て主としてどれにするか選ぶだけでなく、工事も行うのですから!

煙を出さない工夫や、薪をたくさん使わなくても部屋を暖める工夫などなかなか奥の深い世界です。そして教えていただいたのは、カタログ等を見過ぎて"スペック"ばかりに気を取られてはいけないということ。"仕組み"をきちっと知ることが大切だということ。(それからルックスもちょっと大事)

d0031378_22411834.jpg

候補は上の2つのモデルに絞り込まれました。
サイズとしてはこれでもスモールですが、180kgほどあります!
鋳物の塊のようなものです。

サイズについても迷うところです。小さいものは省スペースで良いけれど薪を小さくしておかなくてはいけません。薪を大きなまま放り込めるのは大きなストーブ。(大きくなるほど本体の鋳物が熱を蓄えてくれる利点も)


大工さんの目がとても嬉しそうに、少年のように輝いていました。
「この部品はたまに取り外してメンテナンスが必要になります」と言われると普通はちょっと面倒と感じるでしょう、ところが大工さんは手間がかかると聞くと余計に喜んでいました。 おそらく女性には理解不能では(笑)


家に帰ると妻に「薪ストーブ欲しいのでしょ?」とズバリ言われました。
完全に見破られていました・・




【お知らせ】

10月12日までOZONEで開催された展覧会は無事に終了しました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

なんと別の場所での巡回展が決まり(目黒か武蔵小杉?)また展示が行われるとのことです。
トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/12090484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ringo_de_pai at 2010-10-17 11:50
丹羽さん、 こんにちは
お久しぶりです、 お元気ですか

私は一応女性ですが(笑)薪ストーブのある生活は
非常に憧れです、あっ”おくどさん”や”囲炉裏”も
幼いころは薪で炊いたご飯、 そしてお風呂にいたっては
その後も随分長期にわたり薪でわかしていました。
薪が燃えて赤々となった「オキ」が溜まってくると傍らの
”消し炭壷”に入れてすぐ蓋をし作る着火性抜群の消し炭は
まだ大活躍していたシチリンを使うのに必需品でした。
食べることにつながるので消し炭は
綺麗な薪を燃やした場合のみに限られましたけど・・・
あんな生活がまたできたらと願いながらのマンション暮らしです。

秋も深まってきました。
変わらずお忙しい日々、どうぞご自愛くださいね。
Commented by sora-peso at 2010-10-20 12:09
ringoさん
こんにちは。薪ストーブはringoさんなら
使いこなせそうと納得です!
いろいろ料理にも使えそうですね。
じゃがいもを入れたり、鍋を温めたり
そんなことを想像すると楽しいですね!

「料理もできるよ」と言ったら、妻も少しだけ興味を
持ってくれました。少しずつ洗脳作戦、これしかないです。
by sora-peso | 2010-10-16 23:52 | ●大工さんの家 | Trackback | Comments(2)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧