食卓のランプ・・PHランプ

柏の葉公園の家 (7)

食卓のランプがつきました。

d0031378_1582225.jpg


奥様は家の設計段階から、新しい家の食卓につけるランプを決めていて
ずっと楽しみにされていました。
それはPHランプと呼ばれる北欧の優しい照明でした。



■PHランプについて

以前にルイスポールセン・ショールームを見学させていただいた時の写真をご紹介します。断面模型を見せていただきました。

d0031378_15143239.jpg

北欧で生まれたこのランプは、とくに西洋の人たちが苦手とするグレア(まぶしさ)を抑えてあり、近づいたり、角度を変えてみても直接光源(電球)が見えない構造になっています。

そして光源から放たれた光は、緻密に計算された複数のカーブした羽の間で反射し柔らかな光となって手元に届きます。単に見た目のデザインだけでないその仕組みを知って、ますますこのランプのファンになったのでした。

デンマークの建築家 ポール・ヘニングセンによるデザイン
原型ができたのはなんと80年前以上昔のことです。すごい!


d0031378_15523730.jpg

↑2005年に設計を担当させていただいた流山・Yさんのお宅の写真です。



トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/17882787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sora-peso | 2013-02-24 15:57 | ●柏の葉公園の家 | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧