うどん店・・・あれから1年

GWいかがお過ごしでしょうか。
相変わらずやらなくてはいけない仕事が山積みですが
今年のGWは少しゆっくりした時間が流れているように感じています。

昨年はとてもとても忙しかったように記憶していて
手帳を見直して納得、連休中は毎日夜中までうどん屋さんの改修工事が
行われていました。

あれから1年。

少し前に店主に聞いたお話では、お客さんの評判はなかなか良いそうで
女性客や、若い人がたくさん来てくれるようになったそうです。
夜はここで軽くお酒を呑んで帰るというサラリーマンも増えているそうです。
とても嬉しいことですね!


2期工事で行った外観写真を掲載していませんでしたのでご紹介します。

d0031378_550754.jpg


d0031378_5542916.jpg
店の正面。
以前は看板やメニュー、サンプルケースにスポットライトをたくさんあてていました。

私が提案させていただいたのは、お店全体が行燈のようにふわっと灯り、店内で美味しそうにうどんを食べている様子が垣間見られるようにするものでした。





d0031378_5503311.jpg


d0031378_5543439.jpg

こちらは店の裏側。
スタッフの人たちは「裏側」という意識が少しあったようですが
実は私が楽しみにしていたのはこの場所を、どうしたら素敵に出来るかという
ことでした。
大通りに面している正面側とは違い、細い路地に面しています。
ですがそこは飲食店が連なる商店街の入り口部分であり、目の前は古くからある神社。

コンペの時から、この場所にはすごく可能性を感じていました。
お店の面積を削ってまで植栽スペースを設けることは、普通なら反対されてしまったかも知れません。それを快諾いただけたことは本当に感謝しています。この窓側の席は、神社の大きな木を借景にしてとても爽やかな場所になりました。



予算・工期、そして全体内容を市民に事前公開しているという
全てが難しい仕事でした。それでも工事の方々がとても頑張ってくださり、
たくさんの応援もいただき無事に仕上げることが出来ました。ありがとうございました。

この一年、お店の前をよく通りがかるものですから「お客さんは入っているかな」「照明の位置がすこしずれたかも」「緑は枯れていないかな」なんていつも気になってしまいます。入り口でメニューを見て迷っているお客さんなんていると背中をポンと押してあげたくなってしまうくらい(笑)

私たちの仕事は住宅も店舗もみな同じで、作ったそのときが大切なのではなくて
そのあとのことがとても大切なのですね。

これからも心配事は増えて行く一方でしょうが、最近思うことは
私たちが建築を見守る気持ちは、子供を見守る目と似ています。親になって
とくにそう感じるようになりました。

トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/18674792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sora-peso | 2013-05-01 06:53 | ●うどん屋さん | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る