かわべの家・上棟しました!

かわべの家(2)

8月上旬、『かわべの家』が上棟しました!

この日は猛暑日。職人さんたちの様子を心配しましたが
順調に組み上がっていきました。

d0031378_1421116.jpg

冷たいアイスや飲み物をもって駆けつけて下さった建て主のIさん。作業の様子を見守ります。

d0031378_1421446.jpg

ここがリビングになります。
(カーテンは必要ありませんね!うらやましい!!)

こちらの家の材木には地元で採れた『西川材』が使われています。
加工は大工さんが手加工で行いました。(近年は工場加工が一般的になっています)

d0031378_1421777.jpg

このすぐ下は川が流れています。
夏休みということもあって、釣りをしたり川遊びをしている人たちがいます。涼しそう〜

d0031378_14211229.jpg

来年1月完成予定

施行は飯能の三協建設さんです。どうぞよろしくお願いします。





工事は6月末から始まりました。
いつも飯能駅からは朝のバスに乗るのですが、
休日だったりすると私以外は全員、リュックを背負った登山客だったりします。
(最近の登山はお洒落ですね!)
外を眺めているのも楽しく、毎回新しい発見があります。
材木屋さんがあったり、茅葺きの民家があったり・・・

d0031378_14211051.jpg
(上は基礎工事の様子。下は地鎮祭の様子)



d0031378_14211414.jpg完成に向けて頑張りますので
どうぞよろしくお願いします!

ご友人製作のキッチンや壁塗りも楽しみにしています!
年末はスケジュールをあけておきますね(笑)






木の産地であるこのあたりで採れた材木(杉やヒノキ)は『西川材』と呼ばれています。

地産地消という言葉がありますが、建築においても国産材を使うこと、地元で採れた木を使うことはとても重要なことです。家づくりばかりではなく、日本の林業を衰退させないためにも、自然環境維持のためにも。

木から建物や紙などたくさんのものが作られていますが、日本の木材自給率は3割程度しかありません。日本の森林では杉もたくさん余っているのに、柱に輸入材を使っている家が圧倒的に多いのが現状なのです。


>>>西川材について
トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/21086281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sora-peso | 2014-09-06 06:21 | ●かわべの家 | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧