父とした仕事

d0031378_05292902.jpg
現場に居ると、親子で働く職人さんに出会います。
たまに口げんかをしたりもしているけれど、うらやましい光景です。

上の写真は私が建物を設計し、植木屋だった父に造園を担当してもらった葛飾区の住宅(2006年竣工)。
いつかこのような機会を増やせればよいと思っていましたが、これが最初で最後の仕事になりました。






お酒が大好きで、小鳥や動物や植物が大好きだった昭和の頑固オヤジ、享年67才でした。

脳出血で倒れ、ここ一年入院していました。

葬儀にご会葬くださいました皆様、メッセージをくださいました皆様
本当にありがとうございました。謹んで御礼申し上げます。





この建物も緑も、これから何十年もの間この場所にずっと残る。

私の自宅前にはモチノキが3本あって、その木も父がずっと手入れをして大事にしてきたもの。

先日親戚から聞いて初めて知ったこと。その木はずっと昔、祖父と祖母が結婚の記念として、遠くからリヤカーで一緒に運んできて植えたものだったのです。父の口からは聞いたことがなかったけれどそれを知っていて、きっと大事にしてきたのだろう。

私もその心をずっと大切に引き継いでいきたいと思います。


トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/21206684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sora-peso | 2014-10-14 06:33 | ・その他 | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る