調湿と防音

音楽室のある家(2)

セルローズファイバーという断熱工事が行われました。

d0031378_22024726.jpg

柱と柱の間に、ぴっしりとシートを貼り
断熱工事の準備を行います。

d0031378_22025847.jpg

これがセルローズファイバーと呼ばれる天然の木質繊維で
新聞紙から作られています。

機械へ投入・・・


d0031378_22030464.jpg

ホースの中を通って・・・

d0031378_22030973.jpg

シートの中に吹き込んでいきます。


d0031378_22031357.jpg

壁だけでなく、屋根面にも施工。
吹き込みが終わった壁面を触ってみると、体育館の体操マットのような感触。
普通の断熱材と大きく違うことは、とても高密度でぱんぱんに詰まっています。


住宅で使用される断熱材の中ではコストがかかる工法ですが、
今回こちらの断熱材を採用した目的は、高い調湿効果に加え
防音効果も期待してのことです。


今年も夏は猛暑でしたが、断熱は冬の寒さだけでなく
夏の暑さも和らげてくれます。施工したのは8月のことでしたが
現場はだいぶ過ごしやすくなりましたよ!











トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/22124953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sora-peso | 2015-09-07 22:37 | ●音楽室のある家 | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧