猫のための家づくり

発売中の雑誌『建築知識 2017年1月号』に
NLデザインの設計事例が掲載されています。

テーマは「猫のための家づくり

(建築知識の長い歴史の中で、猫特集は初めての試みだそうです)



d0031378_02232239.jpg

猫と暮らす家を設計する上での様々な工夫はもちろんのこと、
トイレのこと、水回りの危険、猫の種類による大きさやジャンプ力の違い、
家の中に置く花や植栽の注意点、猫のいる風景写真の撮り方等々・・・
丁寧に解説されています!

編集者さんたちは、本当にこのような特集が売れるのだろうかと
企画時に悩まれたそうですが、建築専門家だけでなく、家づくりを
考えている建て主さんにもとても役立つ情報が満載だと思います。
(こんなマニアックな本はきっと今まで存在していないでしょうね!)






現在ペットを飼ってる、又は、家を建てたらペットを飼いたい!
という建て主さんは多いものですから私も日々の設計の中で
動物の気持ちになって図面を書いてみるときがあります。

実はわが家も、設計当初は「犬(コーギー)を飼いたい!」という
妻からの要望があったため、いくつかの対策を考えてつくりました。
結局犬は飼っていないのですが(文鳥の雛を飼い始めていたこともあり)、
最近は子供たちが猫を飼いたいと言い出しました。

家族がひとり増える訳ですから、そんなに簡単に決めるわけにはいきませんよね・・

でも、自分も子供の頃はずっと犬を飼っていたので
一緒に遊んだことや、においだったり、亡き父がよく世話をしていたことなどが
ふとした瞬間に蘇ってくるのです。

そろそろ、真剣に考えてみようかな・・・


d0031378_03475477.jpg



上の写真は飯能市・Iさん宅「かわべの家」のご様子。
子猫を飼い始めたとの近況報告をいただきました!
ストーブの前でとても気持ちよさそうに眠っていますね。
建て主さんたちが送ってくださるこうしたお便りを
いつも楽しみしています。






トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/23729786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sora-peso | 2016-12-20 03:04 | ・お知らせ | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る