百年の時間が蘇る

鹿浜の百年家(1)

100年の歴史があるというこちらの建物は
時代の変化の中で、農機具を入れたり、倉庫として使われてきました。

老朽化も進んでいましたが、建て主さんよりぜひこの建物を次世代へ
引き継ぎたいというご要望をいただき設計がスタートしました。
(都内にまだこのような建物が残っているのですね!)


d0031378_19045233.jpg

崩れかかっていた外壁を解体し、屋根下地をやり直し
骨組みの歪みを丁寧に補正します。
難しい仕事ですが熟練の職人さんたちの力で建物は蘇っていきます・・・


(7月14日・15日に完成内覧会を開催予定です!)



トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/26947742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sora-peso | 2018-06-27 19:16 | ●鹿浜の百年家 | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧