鉄筋の検査

N邸・2世帯の家(3)

昨日の午後、葛飾区で進めている基礎工事の鉄筋の検査が行われました。
(工務店さんと打合せ中、雨に。)
d0031378_11542059.jpg

図面通り、しっかりと工事が行われていることを確認。
d0031378_11563971.jpg

鉄筋の状態はこの段階でしっかり確認しておかないと、コンクリートを流したあとではもう見ることが出来ません。丈夫な家を作るためには、この基礎工事がとても大事。

【今回、この敷地の地盤を補強するために、3週間前に下の写真のような工事を行っています。】


d0031378_123407.jpg
d0031378_123568.jpg

左の大きなドリルを使用し、地中3メートルの深さまで掘ります。ドリルの先端(赤い○の部分)から特殊なセメントを出しながら土と混ぜ、直径60センチの柱を作ります。(右の写真はドリル先端の拡大)

地盤の調査を行い、補強方法を検討し、計算に基づき合計37本の丈夫な柱を作りました。これにより地盤の補強を行い、この柱の上に建物をのせます。丈夫な家を作るための下準備です。

d0031378_9563426.jpg

→1月に調査した時の様子
トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/2956689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sora-peso | 2006-04-12 12:04 | ●立石の2世帯住宅 | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る