オープンハウス2日目の様子・寝室とリビング編

N邸・2世帯の家(25)

【オープンハウス2日目の様子】

最後は『寝室とリビング編』です。
d0031378_444249.jpg

風通しの良いリビングです。
ここは皆が集まる家の中心となる場所。
(1階床:竹 壁・天井:シナベニヤ、一部板張り)

d0031378_444193.jpg

キッチン方向を見る。キッチンの裏に見えるのは洗面所です。
左奥に玄関があり、仕切のない開放的な間取りです。

d0031378_4443578.jpg

テーブルの高さに合わせて小棚を作りました。
テーブルの延長として細々したものを置くことができるので、テーブルの上を
広く、すっきり使うことが出来ると思います。(左側は本棚)

d0031378_4445653.jpgd0031378_4451059.jpg

d0031378_4452794.jpg南側の庭に面して書斎(コタツ部屋)がつながっています。その右脇はご両親様の寝室。

日中はリビングとつなげて広々と過ごし、夜だけ少し閉じる。壁の中に引き込める建具とし、様々な使い方に対応できるようになっています。

特に2世帯ですと、それぞれの朝や夜の生活時間帯に差があるため、このような工夫が大いに役立つと思います。



d0031378_4454414.jpg

書斎です。奥がリビングで、左側はご両親様の寝室。
建具は中央の壁の中に入ってしまうので、こちら側からも見えません。
寝室と書斎の間も同様に、全て引き込める建具で、仕切ったり・つなげたりが出来ます。
縁側からの急な来客時などに、ぱっと閉めてしまえばゆっくり寝て居られます。
建具の上(ランマ部分)は開け放しになっていて、戸を閉めても風が流れるようにしました。(エアコンも1台で済みます。)

d0031378_446143.jpg

ここはぜひ注目して頂きたい、寝室の押入れです。
こちらのお宅は、建て替えるまでずっと布団屋さんを営んでいたので、これはまさに『布団のプロが提案する押入れ』なのです!

奥行きが普通の押入れより浅め(3つ折りでちょうどの奥行き)になっています。棚で4段に分かれています。これだと布団が潰れなくて済み、たくさん重ねないので取り出しも楽チン。

敷き布団と毛布等を分けて入れても良し、個人用の寝具を一式セットにして入れても良し。
流石です。私も勉強になりました。


d0031378_4461794.jpg

2階の寝室です。洗濯物を干す場所の床はテラコッタ仕上げです。植物を置いてもいいですね。

d0031378_4463222.jpg

珪藻土(けいそうど)の壁は、多くの皆さんが興味を示されていました。木の空間に、柔らかい白の壁が爽やかです。ともて落ち着く場所です。
(右側はクローゼットの入口、扉はなし。入口付近にカバン掛けを付けました。)

d0031378_555688.jpg

クローゼットは洋服やカバンが多く収納出来るようになっており、大きなタンスもこの部屋に入れてしまいます。3帖のスペースですが、これだけあると大変便利。
この部屋も、「うちにもぜひ欲しい部屋」の一つとして人気でした。

d0031378_4464618.jpg

階段を上がって2階のリビングへ。天井が高くて、憧れのワークスペースがあって・・・ふわっと歓声が上がる瞬間でした。

d0031378_447146.jpg

ワークスペースからリビングを見る。奥には寝室が見えます。
(左より洗面台、トイレ、冷蔵庫置き場)


皆様より「広い家ですね〜」というご感想をいちばん多くいただきました。

たしかに2世帯なので多少面積は広めですが、実はそれほど特別大きな家ではありません。
広く感じた理由は以下の通り。

■開放的な間取りになっていること
 ・・・個室が少ない。1つの部屋を、もう1つの部屋とつなげて使えるようになっている。
 ・・・必要のない建具は付けない。
 ・・・視線が遠くまで通る。家の中に見えない場所をあまり作らない。
(※昔の日本の家はみなそうでした!風通しの良い理由もここに)

■共用できるものは、共用する
 ・・・玄関、キッチン、浴室は2世帯で共用。
(※もし、これらを2つ家の中に作っていたら、このような開放的な家になりませんでした。1階も、2階も、ちょっと狭い印象の家になっていたでしょう。どちらを選択するか、ここが重要。十分な話し合いを)

■家を敷地いっぱいにつくらない
 ・・・敷地にゆとりをもたせる。
(※外部空間も家の一部です!)


2日間、お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
また、完成したばかりの家を快く公開して下さった建て主さん、
最後まで色々とご協力いただいた工務店の皆様に感謝の気持ちで一杯です。

多くの方々に祝福され、無事に完成を迎えられたことを
心より嬉しく思っております。
トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/4007097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 暮し・住まい・ケンコウ・.. at 2006-11-03 09:37
タイトル : 一部屋ずつが掃除のポイント
生活の工夫についてのブログを立ち上げました。よろしければ遊びに来てください。... more
by sora-peso | 2006-10-15 04:47 | ●立石の2世帯住宅 | Trackback(1) | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る