家づくりの本

先日、数年ぶりに会った友人(お姉さんが家づくりについて検討中)からこんな本をかりました。

それは『やっちまったよ一戸建て!!』というマンガの本です。

d0031378_14142352.jpg



早速読んでみましたが本当に面白いです!
これから家づくりをする人におすすめ?既に家づくりを経験された人におすすめ?これは判断に迷うところですが、是非設計者にもおすすめしたい本だなぁと思いました。

書店へ行くと家づくりに関する本はたくさん売っています。
(きっといろいろあって迷うでしょうけれど・・・)

一方では、最近は建て主さんが家づくりの経過をホームページやブログにまとめる方も増えています。(同じ目線で書かれているので参考になることも多いようです)この本はそれがそっくり本として出版されたようなリアルな本です。本の中には主人公である施主、不動産屋、工務店の社長、設計者、住宅メーカーの営業マンが登場します。どのキャラクターにもこの業界にいるとそっくりな人が頭に浮かんでしまって(笑)、申し訳ないと思いながらも名前をその人に置き換えながら読み進めました。


読み終わってから、あることに気づく・・・
家づくりには色々なパターンがあることを、私たちはもちろん分かっているけれど、お客様は意外と知らないこともあるんだ!!ということを。





メモ書きで申し訳ありませんが、家づくりの流れを大きく3つに分けてみました。
皆さんが住んでいる家も、この中のどれかに当てはまるのではないでしょうか。
設計事務所にもいろいろあります。

d0031378_14464668.jpg



この本の主人公の場合は『A』に近いパターンです。
工務店も設計者もお客様が直接選んだ訳ではないですが、でもきちんと設計者が打合せに参加して立派な家が出来ました。
一戸建てに限らず、新築マンションを購入される方もこのAパターンでしょうか。


『B』のパターンも注文住宅では非常に多いケースです。
工務店さん(ハウスメーカー)の中に独自の設計部門があり、その中で設計を行う場合もありますし、提携している設計事務所が設計を担当する場合もあります。
(基本的には、受注元が全打合せの主導権を持ちます。)

以上、A,Bのパターンで日本の家の多くは建っていると言えます。


現在私が行っている仕事の多くは『C』のパターンです。
まずお客様が設計事務所を訪ねます。そこで一緒に家づくりを進めるためのパートナーとして関係を築き、工務店さんについてはお客様が信頼しているところがあればそこに任せ、見当がつかないという場合は、ある程度設計方針が固まってきた段階でその物件の構造だったり雰囲気、予算や工期等にふさわしい工務店をこちらで探してご紹介もします。(工事契約はお客様と工務店が直接行います。設計契約と工事契約をはっきり分けます。)
そこで重要なことは、私の場合『元請けだから工務店より設計事務所の方が立場が上』なんてことはないということです!(ただし優先順位がないと現場が混乱するので、いちばん偉いのは苦労して完成した設計図面とします。お客様の夢も詰まっています。)

大変申し訳ないですが『発注者だから客であるワタシがいちばん偉い!!!』という考え方もほんの少しがまんして頭から外していただくことになります。(もちろんお客様の理想をかなえるために皆がんばります)

お客様・設計者・施工者の3者がある程度対等な関係で、「皆で一緒にがんばろう!!いい家をつくろう!!」という姿勢で家づくりに取り組むことが、いちばん理想のやり方だと色々経験しながら分かったことです。


ここからはあまり言えない正直な話しです。(※あくまでも設計者としての私の考え)

設計者として事務所の安定を考えると、まずA、Bのパターンを選びます。
営業をしなくても仕事が定期的に入ってきます。お客様ともそれほど深い関係をもつこともないので、その分リスクや責任も少なくて済みます。でも、仕事をもらっている立場からすると、その工務店(ハウスメーカー)が不都合となることを言いにくかったり、いつも決まったやりやすい方法で設計を進めることになります。じっくり時間をかけ過ぎることも多くの関係者に迷惑を掛けることになります。

でもこのやり方が悪いという訳ではありません。お客様にとってはこのやり方の方がスピーディーに事を運べるので、それを好む方はもちろんいらっしゃいます。立派な設計者もたくさんいることを知っています。
(私の住む柏市に例えると、数ある設計事務所のうち、おそらく90パーセント以上がA、Bの方法で仕事をしていると思います。私自身も信頼している工務店さんの場合に限ってお手伝いさせて頂いたことがあります。)


それではなぜ、わざわざ大変なやり方で自分は仕事をしているのか?
仕事の受注も基本的には問い合わせがあることをひたすら待つばかり、それ以外は口コミ、お客様からの紹介、ホームページを見て下さった方からの問い合わせなど。

ひとつは『自分にいちばん合うやり方だから』という事。
この業界にいると分かるのですが、スター建築家の方々の多く(またその人たちを目指す人たち)は、このA,Bパターンを全く経験したことのない人が多いです!最初からこのA,B パターンはダメだと断言する方も多い。

私はこの業界に入って、(のんびりしていそうに見えるでしょうが)こう見えても自分なりに色々と苦労して今に至りました。Aのパターンでの環境、Bのパターンでの環境、いずれも勤務して経験したことがあります。現場監督もしました。どちらの仕事も大変でした。それから業界では「アトリエ事務所」と呼ばれるところ(Cのパターンに近い、でももう少しとがっている?)で働いたこともありました。

アトリエ事務所へ行くと、やはり頭の切れる人がたくさんいます。
設計者としてのテクニックを持った人、野望を抱く人が多くいます。
(意外と高学歴社会です。)

でも住宅をつくる仕事で本当に必要なことはそういう事なのかな?
というのが私の疑問点でした。
ですからそこを辞め、自分で仕事をすることを決めました。
色々経験して、手探りで見つけた自分に合ったやり方です。


もうひとつ、『生き方として今のやり方を選んだ』ということ。
こんなことを言うと格好良く聞こえすぎるかも知れませんが、せっかく自分で仕事をやるのだから、ひとつひとつの仕事をしっかりやりたいし、良いものを作って喜んでもらいたい!(その代わり、住宅設計ばかり担当していたらはっきり言って儲かることはないでしょう)人間あまり欲を出してはいけません、どちらかを選ぶことになりました。人と深く関わる住宅設計は難しいけれど、一生を掛けて取り組むべき素晴らしい仕事だと思っています。


最後に、『必要としてくれる方々がいる』ということ。
予算さえあれば、大体のことは全ておまかせで家が建つシステムもあります。しかし、そうではなくて、一生に一度の家づくりを特別なものにしたい、じっくり自分のペースで考えたい、せっかくだから楽しみたい、長年の夢をかなえたい、何をどうして良いのかわからない、これしか予算ないけど・・・という想いで一緒に考えてくれるパートナーを探していらっしゃるごく少数の人がいます。そんな方が声を掛けてくれるのです。とても嬉しい事です。


「Dr.コトー診療所」というテレビドラマがあります。
忙しい最新鋭の大学病院で腕を振るう医者もいれば、小さな診療所で町医者としてがんばっている医者もいます。コトー先生は大学病院で働いたこともあって、でもそんな生活より自分に合ったやり方を様々な経験を積むことで、人と出会い、深く関わることで見つけるのです。
感動して泣きました。


話がずいぶん長くなってしまいました。
家づくりでいちばん大事なことは「人」ではないでしょうか。
この本の作者もそう言っているように。

この本を貸してくれた友人に感謝。
(10年以上前に「旅のグ」を貸してくれた友人です)





トラックバックURL : https://nldesign.exblog.jp/tb/5301934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from アタシんち at 2009-06-20 23:36
タイトル : ひとつやなぎめれる
…今日は酔っ払いになる前に早々で帰宅。 設計士さんから強く強くお薦めされた ヴォーリズ展~William Merrell Vories as an Architect~に行くためです。 (絶対にアタシんちさん、参考になります!感動しますよ~とのお墨付き) 学生時代に少々建築をかじっておりましたが、恥ずかしながらヴォーリズについては まったくの無知状態でした。 アタシの母校。ライトとかカーンとかレイモンドとかの王道がお好みだったようで…。 公式HPを見て、かなり興味深々。 ・近江...... more
Commented by atashi-nchi at 2009-06-20 23:49
丹羽先生
お初のトラバしてしまいました(笑
明日は頑張ってヴォーリス展に行ってまいります~
Commented by sora-peso at 2009-06-26 14:54
アタシんちさん
いよいよ本当に、家づくりが始まりましたね!

実は私も日曜美術館での特集を観るまで
ヴォーリズさんについて詳しく知らなかったのです。
あまりの感動に、建て主さんにお知らせして
現代の家づくりに欠けてしまった何かを、感じ取って
いただきたいと思いました。
by sora-peso | 2007-05-01 16:32 | ・BOOK | Trackback(1) | Comments(2)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧