カテゴリ:●ライトコートのある家( 4 )

祝・完成

ライトコートのある家(4)

習志野市Kさん宅が完成しました!

d0031378_112334.jpg

中庭部分には最後に格子が取り付けられました。
昨日はご家族皆さんが駆け付けてくださって、大工さんと一緒に
これまでの思い出話や、土地を購入するときのこと、建て主さんの
試験が終わったら完成パーティーをやろう!などと楽しいひととき
でした。

d0031378_1122813.jpg



「想像していた以上の家になりました。」

こんなうれしい言葉をいただいて、これまでの疲れが一気に
吹き飛びました。

いろいろとお世話になりました。
完成おめでとうございます!


(続きはまた次回に・・・)
by sora-peso | 2009-08-29 11:17 | ●ライトコートのある家 | Trackback | Comments(2)

床のオイル塗装

ライトコートのある家(3)

習志野市・Kさんのお宅は大工工事がほぼ完了して
最後の仕上げ工事に入りました。

d0031378_6361268.jpg
建て主さん自ら、木部の塗装工事中です!

床や柱、窓枠や家具類。やり出すと結構な量があるので大変ですが、何週にも分けて少しずつ作業が進行しています。リビングはクリアのオイル仕上げです。


d0031378_6363188.jpg
廊下や家事室は、色のついたオイル仕上げになりました。



d0031378_6365012.jpg
奥は食器棚。
左へ入るとパントリーがあります。

キッチンまわりの収納をしっかり確保しました。



d0031378_637714.jpg
テレビ台も大工さんの手作りです。


d0031378_6372754.jpg
リビングの壁は珪藻土を塗って仕上げます。
(現在下塗り中)
板張りの天井との相性もとても良いと思います。

d0031378_6374319.jpg
(拡大)こんな壁面になります。


d0031378_638370.jpg
1階の中庭部分、中央に四角く土を残して植栽スペースを作っています。


建物は8月末に完成予定。
お盆休みが明けるとすぐです!





【お知らせ】

・8月13日〜16日まで夏期休業とさせていただきます。

・8月16日(日)朝6:00〜 テレビ朝日『渡辺篤史 の 建もの探訪』
 に出演させていただきます。ぜひご覧ください。


 →番組のHP(紹介ページあり)
by sora-peso | 2009-08-12 07:06 | ●ライトコートのある家 | Trackback | Comments(0)

中庭の風景

ライトコートのある家(2)

外壁を覆っていた足場が外されて、中庭の様子が見えるようになりました。

d0031378_7532463.jpg
ここは玄関です。

玄関のドアを開けて家に入ると、すぐに中庭が見えます。
その視線の方向に合わせて、壁を少し斜めに切り取りました。


d0031378_753649.jpg
ここは中庭の上部、階段を上がった先から風景です。
(中庭の位置をここにした理由はここに。)

この場所は私も気に入っている場所の一つです。階段の手すり部分に収納を造り付ける予定でしたが、あまりにこの場所が居心地よいので、建て主さんと大工さんと相談して予定を変更することに。低いベンチを造ることになりました!


d0031378_7534282.jpg
玄関や廊下、子供部屋はヒノキのフローリングです。

リビングは床暖房が入ることもあり、材質を変えてナラのフローリングになります。


d0031378_754585.jpg
来週は建て主さん自ら塗装作業を行います。
暑いので大変だと思いますが、がんばりましょう!!


d0031378_7542730.jpg
板張りのリビングの天井です。
梁がそのまま見えて、上部に取り付けた窓からの光がリビング全体に広がります・・・


まだ小さなお嬢さまも、いつも現場へ来てくれます。
だんだん建築用語を覚えていって、いちばん得意なことばは
「テンバン(天板)、テンバン(天板)」です。
そう言ってニコニコしています。
私のことは「ニワシャン」と呼んでくれます。
可愛いですよね。






さて、これは何でしょう?

d0031378_17563095.jpg

答えは『スモーカー』です。
これで燻製をつくります。

こちらの大工さんから最近教えてもらいました。
『燻製、スモーク』という響きに、なんだか男のロマンを感じてしまい、すぐに大工さんおすすめの同じスモーカーを探しに出掛けました。

今年の夏休みには、まず最初にと勧められたシャケと、チーズの燻製にチャレンジしたいと思います。上手になれば家でベーコンも出来てしまいます。
サクラ、ナラ、クルミなど木のチップを変えることで、それぞれ違った風味を楽しめるとのことです。

まだリビングに置いて毎日眺めて楽しんでいるだけですが、それだけでも気持ちが変わりますよ!本当に。お酒にも合います。(けっこう大きいので(腰高程あります)妻には邪魔もの扱いされておりますが。。。)



大工さんはとても多趣味で、スキーもかなりの上級者。
芝の手入れも超本格的、薪ストーブのこと、燻製のこと、
なんと手話もサークルに通って勉強したり、徹底的にやるお人柄です。
それから驚いたのは、大工さんでは初めてお聞きしました、家に外国人の学生さんがホームステイしているそうです!「今年も夏休みにやって来るので、燻製を食べさせてやるんだ!!」と嬉しそうにお話しされていました。
by sora-peso | 2009-07-15 07:51 | ●ライトコートのある家 | Trackback | Comments(0)

ライトコートのある家

ライトコートのある家(1)

4月から工事が始まっている習志野市のKさん宅が上棟しました!

敷地は、京葉線の新習志野(ディズニーランドのある駅から5つ目)
に位置し、もとの大きな宅地を2つに分けた奥の部分です。

d0031378_21655100.jpg


周囲が建物に囲まれていることもあり、建物にどのように光や風を取り入れるかについて建て主さんといちばん話し合いました。(プライバシーの確保も大事)


終盤の頃には、千葉の大工さんのお宅に皆で集まって打合せを重ね、
倉庫の在庫品をうまく使わせていただくことや、建て主さんにも
色々ご協力いただき、コストの問題も乗り越えることができました。

d0031378_2171860.jpg
地鎮祭の様子です。

いよいよ工事が始まります!

d0031378_217352.jpg
←地盤の補強工事を行いました。


下の写真は基礎工事の模様です。
丸く囲った部分がライトコート(光を取り入れるための中庭)です。

全体はこの小さな中庭をコの字に囲う間取りになっています。



d0031378_2175198.jpg



d0031378_218714.jpg
いよいよ上棟の日をむかえました。

敷地入口が狭く、レッカー車で材木を上げることが出来ないため大工さんたちの手作業になりました。

「大変!大変!」と言いながらも大工さんたちはチームワーク良く、なんだか楽しそうに作業を進めています。

(左側のお宅は既に完成しています)

d0031378_2182581.jpg
やはり気になるのは
この中庭部分!




d0031378_218455.jpg
ここは2階のリビングの風景です。

中庭を挟んで、グリーンのシートがかかっている屋根の部分が浴室と洗面所です。

屋根の上から光が入ってくるように角度や高さを計算しました。出来上がりが楽しみです。
by sora-peso | 2009-05-15 15:04 | ●ライトコートのある家 | Trackback | Comments(2)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧