<   2005年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

設備工事

d0031378_14201778.jpg

S邸・リフォーム(3)

台所と和室の床を解体後、床下には全面に防湿フィルムを敷き込みました。写真で透明の光って見えているシートがそうで、床下から湿気が上がってくることを防ぐ為の処置です。

写真で黒っぽく塗れて見える土台、大引き、床束(いずれも床下の構造部材)には「ヒバ油」を塗っています。これは「青森ヒバ」という樹木から取れる精油で、カビや細菌を寄せ付けない抗菌効果、シロアリやダニ、ゴキブリを寄せ付けない防虫効果、消臭効果等があるものです。

防虫剤の中には人体に悪い薬剤が使われていたり、ひどい臭いがする物も多いですが、今現場はヒバの木のとても良い香りが漂っていて、その香りは前面の道路まで届いています。

d0031378_14511299.jpg

上の写真の水色の管・オレンジ色の管は新しく入れ替えた給水管・給湯管です。色ですぐに判別出来ます。今回は「ヘッダー方式」という工法で工事をしていて、道路から引き込んだ水は写真右のサランラップの芯程の大きさの"ヘッダー"と呼ばれる場所にまず入り、そこに5本の管(洗面所、風呂、キッチン、トイレ、洗濯機)が接続されています。

これらの管は継ぎ目のない樹脂製のチューブなので、従来の鋼管や鉄管のようにサビが発生したり連結部から漏水したりするトラブルがありません。そしてこの工法ではシャワーとキッチンを同時に使うと水が出にくくなる、といった流水変化を抑え、安定した水圧で水・お湯の供給を行える利点があり、将来のメンテナンスも容易です。

家そのものの寿命と比べて設備類の寿命の方が短い為、古い住宅のリフォームでは(もちろん新築でも)このような工事を行っておくと安心です。工事の中では地味な部分ですけれど、とても大事な部分です。
by sora-peso | 2005-06-29 15:33 | ●S邸 リフォーム日記 | Trackback | Comments(2)

補強工事

d0031378_20575528.jpg

S邸・リフォーム(2)

相談を受けて初めてこちらの住宅を見に行った時からずっと気になっていた事、それは雨漏りを予感させる天井のシミのような跡でした。色々と調査をして、ついに疑いのあった天井の上にあるバルコニー付近の外壁を解体しました。その結果、バルコニーの排水管が簡素なブリキで出来ていて、それが腐食して壊れ、長年建物内に水が侵入していたのです。

写真はそのバルコニー下の柱の写真。中央の黒い柱が雨漏りにより腐食してしまった柱で、右の白い柱が本日新しく入れた柱。このあと、耐震金物をしっかり取り付け補強を行いました。

今回の補強工事を行ったことで、この家の寿命は更に長くなりました。車の車検や健康診断のように、家も定期的に信頼できる人に点検してもらった方が良いと思います。やはり早期発見が大事です。
by sora-peso | 2005-06-27 23:46 | ●S邸 リフォーム日記 | Trackback | Comments(0)

S邸・リフォーム開始

d0031378_1919056.jpg

S邸・リフォーム(1)

市川市でリフォーム工事が始まりました。

築22年の中古物件で、ご購入前より色々とご相談をいただき、
その後様々な困難を乗り越えて工事が始まりました。
お客様Sさんのご厚意で、工事の様子をこちらで紹介させて頂きます。

写真は、1階にある和室とその隣の台所をつなげる為に床や壁を解体した様子です。
by sora-peso | 2005-06-24 19:38 | ●S邸 リフォーム日記 | Trackback | Comments(8)

リートフェルト

d0031378_15562819.jpg

またまたテレビの話題ですが、今週日曜日の世界遺産という番組で、オランダのリートフェルトという昔の建築家が設計した住宅が特集されます。

ユトレヒト郊外にあるその住宅はなんと1924年に出来た建物で、もともと家具職人であったリートフェルトの最初の建築作品です。

オランダ人の大きな体には似合わないコンパクトな作りで、様々な工夫とかわいらしい仕掛けがいっぱいの建物です。
室内に入った時の心地よい印象は今でも鮮明に覚えています。全体のスケール感や建具の使い方はどこか日本の建物と共通点があるような気もします。

実は、私自身2002年に新婚旅行でこの建物を訪れたことがあり、特別な思い出のある建物なのです。建築やインテリアに興味のある人には是非見ていただきたいです。
by sora-peso | 2005-06-23 16:20 | ●建築に関する事いろいろ | Trackback | Comments(3)

実験

d0031378_11233342.jpg

無垢のフローリングに塗る予定の塗料です。
人や動植物にやさしく、木の良さを生かすナチュラルな塗料です。

昨日、お客様と一緒にフローリングのサンプルに塗って試してみました。色も触った感じもとても良く、家の仕上がりがますます楽しみになりました。

いよいよ本日より工事がはじまります。
by sora-peso | 2005-06-20 11:43 | ●建築に関する事いろいろ | Trackback | Comments(0)

甘い物

d0031378_23301124.jpg

駅前に行く用事があったので、その足で最近気になっていた近所で話題のケーキ屋を探しました。外から見ると美味しそうなケーキがたくさん並んでいます。お土産に何か買って帰ろうと思い、でも入った先は隣の和菓子屋。こちらの方が気になってしまいました。

かしわもちには特別な思い入れがあります。
初めてイチゴ大福を食べた時の衝撃は今でも忘れない。

和菓子は見ているだけでも気持ちが豊かになります。
昔、設計事務所でアルバイトをしていた頃にスウェーデンから来ていた留学生がいて
ある日「日本でいちばん美味しい食べ物はなんですか?」と質問を受けました。
そう聞かれるとなかなか思いつかず、結果「あんこ」と私は答えました。
彼女は真剣な顔でメモを取っていたので「あ・ん・こ」のスペルも正確に教えてあげましたが、その後どんな感想を持ったでしょうか?
by sora-peso | 2005-06-17 23:52 | ・食 | Trackback | Comments(2)

アンコールワット

d0031378_15522298.jpg

ANGKOR VAT/アンコール・ワット
先日カンボジアへ旅行した知人に会った時にこのポストカードを貰い、どこか旅行へ行きたい気持ちでいっぱいになっています。

その日会ったメンバー6人中、私を含め3人の名前が"修(オサム)"です。以前みんな同じ職場で働いていたことがあります。字まで一緒って珍しいですよね。しかも3人も。
by sora-peso | 2005-06-13 16:10 | ・日々の事 | Trackback | Comments(4)

ル・コルビュジェ

d0031378_1455979.jpg

ル・コルビュジェ(1887-1965)という、今世紀最大の建築家と呼ばれている人物です。ル・コルビュジェの建築は世界に大きな影響を与え、日本の近代建築の発達にとっても彼の元で学んだ日本人の弟子たちの功績が大きかったのです。

もう40年も前に亡くなった人物ですが、今でもこの偉大な建築家を超える人物は登場しておらず、大きな影響力を持っています。

明日土曜日、テレビ東京の「美の巨人たち」という番組でその作品の一部が特集されるようです。
by sora-peso | 2005-06-10 14:32 | ●建築に関する事いろいろ | Trackback | Comments(0)

祝・W杯出場

d0031378_13462899.jpg

昨晩は仕事を早く終わらせ、サッカー・ワールドカップ予選を見ました。
出場が決まり良かったですねー。

写真は1998年11月17日のスポーツ新聞です。この日の前日、日本はイランに3対2で勝ちワールドカップ初出場を決めました。延長後半にVゴールを決めた岡野選手が吠えています!KAZUも呂比須もいます。久々に記事を読むと得点は1点目...中山、2点目....城、3点目...岡野、そしていずれのゴールにも中田選手が絡んでいます。

初めて買ったこのスポーツ新聞は永久保存版として大事にしています。
by sora-peso | 2005-06-09 14:01 | ・日々の事 | Trackback | Comments(2)

陶芸展

d0031378_8484868.jpg

横浜市内にある福祉施設で年に2回陶芸展が開催されています。今回我が家では右のお皿を購入しました。初めて柄の入ったものを選びましたが、明日から朝食の時にパン皿として活躍する予定です。

とても素朴な感じが気に入っていて、我が家で毎日使う食器の多くはこちらで購入したものです。まわりの友人達にも紹介して、徐々にファンが増えています。
by sora-peso | 2005-06-07 00:34 | ・モノ、愛用品 | Trackback | Comments(2)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る