<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

親子二代・古いデスク

昨日は、いよいよ来月から工事がはじまる住宅の打合せがありました。建て替えに伴いこのお宅はもうすぐ解体されることになりますので、引っ越しの準備や荷物の整理で皆大忙しです。
d0031378_14252548.jpg

写真の机は、奥様が高校に入る時に父親に買ってもらったという(今から50年ほど昔の話です)どっしりとした大きな古い木の机です。その後息子さんたちが使用してきましたが、今度の新しい家では造り付けの机をご希望されているため、残念ながら処分するという話しになりました。

そこで、これほど大事に使われてきた思い入れのある机ですから、ぜひ私の事務所で引き取らせていただこうと思っています。私にもいつか子供ができたら、この机を引き継ぎたいなあ・・・

「三代目として、大切に使わせていただきます」
by sora-peso | 2006-01-30 15:19 | ・モノ、愛用品 | Trackback | Comments(4)

ステーショナリー

午前中は兄の革工房の手伝いに。この時期工房はとても忙しいのです。年末のクリスマスシーズンもそうですがバレンタインも大きな行事です。私も今週とても忙しいのですが、ここはやはり弟としては兄の仕事を手伝わない訳にはいきません。。
d0031378_1541074.jpg


昨日、文房具を紹介しているサイトに『ニワレザーズ製・三角スケールケース』が掲載されていました!(実は文房具が好きでよく見させていただくサイトでした。)

こちらです!(2006年1月23日の記事)

 →Stationery!Stationery!!Stationery!!!


【三角スケールケースについて詳しくは.....】

 →NIWA LEATHERS「ステーショナリー」のページへどうぞ
 →商品説明のページ


【三角スケールケースの歴史について】完成から7年ほど経ちました。当初私が営業係で友人や知り合いに紹介してひっそりと販売していました。当時兄はまだ修業時代でお金がなかったから、売り上げに自分の財布から少し上乗せして兄に渡していたなあ。。そんな苦労が実り、やがて多くの方々からお問い合わせを頂くようになりました。その後ユナイテッドアローズより声を掛けていただき店舗へ置いてもらえるようになりました。仕事や勉強で三角スケールを使用する人は限られていますので、全国のごく一部のファンによって支えられている製品といえます。
by sora-peso | 2006-01-24 17:23 | ・モノ、愛用品 | Trackback | Comments(4)

双子の兄弟のこと

双子の産まれた順番についてうちの奥さんに話したところ驚かれました。

私は弟ですけれど、実は兄より先に産まれました。(ただし現在の双子界では、先に産まれた方がお兄ちゃんのようです。)

どうして?と昔祖母に聞いたことがあります。

「お兄ちゃんは弟を先に出してやって、それから母親のお腹の中をきちんと片づけてから出てくるのだよ。だから昔の人は後に産まれた子がお兄ちゃんだって言ったもんだよ。」

なるほど〜。と私は思いました。こう説明されると後に産まれたほうがお兄ちゃんだって子供ながらに納得でした。



d0031378_16515771.jpg

本日は朝から雪が降り続いています。
上の写真は20数年前のある雪の日の写真です。右にいるちびっ子が私です。(たぶん)
by sora-peso | 2006-01-21 17:06 | ・双子 | Trackback | Comments(8)

長大作さん

先日、外壁の見学のために数件の家を案内していただきました。

(その中でとても印象に残ったのはこちらです。↓)
d0031378_9364283.jpg

表情が軟らかくて、風合いも良く、築5年経っているとのことでしたがとてもきれいな状態を保っていました。こちらの家の外部に多く使われている木との相性も抜群です。

見学の途中、長大作さんが20年程前に設計したという2件の住宅を紹介して頂きました。落ち着いた佇まいの家で時間が経って良さが増して行く、そんな雰囲気をもった住宅でした。長大作さんが発表されている家具がたくさんありますので、今度改めて家との共通点に注目して見に行きたいです。
by sora-peso | 2006-01-19 10:06 | ●建築に関する事いろいろ | Trackback | Comments(0)

スウェーデン式

SS式試験(スウェーデン式サウンディング試験)による地盤調査を行いました。

d0031378_14432814.jpgこの試験は木造住宅の地盤調査で多く行われているものです。
先端にスクリューのついた細い棒を回転・圧入しながら地下5〜10メートルほど差し込んでゆき抵抗値などのデータをとります。

【この調査でわかること】
・地盤の強さ(土の締まり具合)
・地下の水位
・土質と地層構成...など

いずれも丈夫な建物を設計するための重要な手掛かりとなります。

(話が変わりますが、サッカーをした時の筋肉痛が2日目の今日に・・・体鍛えないといけません。)
by sora-peso | 2006-01-17 23:32 | ●調査 | Trackback | Comments(0)

サッカー初参加

3日前に偶然知り合った方よりサッカーに誘っていただき、さっそく今朝は6時に起きてカステラと珈琲でエネルギー補給して公園へ向かいました。

運動をするのは久しぶりだったのでこたえました・・・でもこんなに爽やかな気分を味わったのは久しぶりで本当に楽しかったです。

d0031378_10523720.jpg練習は週末の朝7時から8時までの1時間。家に帰って、風呂に入って、柔軟体操して、ちょっと休憩してもまだ9時半。充実です!土日はなかなか仕事を休めない私でも予定を調整すればなんとか続けられそうです。

チームの皆さん、今日はありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
by sora-peso | 2006-01-15 23:52 | ・日々の事 | Trackback | Comments(4)

深刻な結露の問題&工事費のこと

(ちょっと長いですが・・・興味のある方は読んでください)

先日、あるアパートの結露を防止するための工事を行いました。

部屋の住人さん → 不動産屋さん → 大家さん → 私

最初はこのような順序で話を聞いたものですから、正直なところ「築20年のアパートだと、断熱工事がきちんと行われていないかも知れないから北側の部屋は結露するよなあ〜これは困ったなあ」と思いました。1年前から大クレームになっていたようで、住人の方も大家さんも困り果てている様子でした。


d0031378_19231326.jpgとにかく現地を見てみようと思い、すぐに住人の方に電話して初めてうかがってびっくり。(不満の矛先が私に向けられ、これにもびっくり。まあ仕方でしょうか。。)


特に1階北側の台所。これが通常では考えられないくらいの結露だったのです。床も壁もびっしょりなのです。最初はまず雨漏りを疑いました。きっと壁の中や床下に水が侵入しているのだろうと。しかし床下を点検したところそのような様子はなし。。

(・・・・・この続きはこちらへ)
by sora-peso | 2006-01-14 21:25 | ●家の相談ごと | Trackback | Comments(0)

コメント

「コメントを書く方法がわからないのですが・・・」とお問い合わせいただいたことがありましたのでご紹介します。

●何かコメントを残したい記事があった場合は・・・・

1.それぞれの記事の右下に『Comments』という小さなマークがあります。まずそこを押して下さい。

すると別画面が出ます。

2.『名前』を書いて下さい。(ニックネームでも結構です。)

3.『パスワード』を書いてください。これは適当な4ケタくらいの数字で構いません。(例.....1234)あとで記事を消したいときに入力するためのものなので、必要があれば覚えておいてください。

4.『URL』の欄は何も書かなくて大丈夫です。ホームページやブログ等をお持ちの場合は必要に応じて入力してください。

5.最後に『送信』ボタンを押して完了です。


やってみると意外と簡単だと思います。是非お試しください。


(『Trackback』というボタンは、私はいまひとつ有効な使い方がわかりません。。。勉強課題です。)
by sora-peso | 2006-01-13 18:31 | ・その他 | Trackback | Comments(2)

鎌倉の家

正月の3日、4日は鎌倉へ。

d0031378_19444365.jpg今年の正月は、いつもと違う会場に皆が集まりました・・・昨年末に完成したばかりのお知り合いの家です。こちらの家は基本設計の段階で少しお手伝いをさせて頂きました。その家で正月を過ごすなんて、私としてはものすごく嬉しい経験でした。

静かな場所に建つ2階建ての家で、ご主人の念願であった屋上があり、そこからは周囲の山々の景色を望むことが出来ます。そして夜には星がよく見えて子供たちが喜んでいました。春は花見、夏はバーベキュー、秋は紅葉・・・『人がたくさん集まる家にしたい。』これがご夫婦の一番の望みでした。

この日、大人と子供たち総勢16人が集まってとても賑やかな一日を過ごしました。皆の楽しそうな顔を見て「この家は大成功だったのでは」と家づくりに参加させて頂いたことを嬉しく思いました。日本酒、焼酎、ウイスキー等とても珍しいお酒ばかりを色々とご馳走になり、あまり強くない私はすっかり酔ってしまいました。。。しかし、はっきり覚えているのは『兼八』という麦焼酎。なかなか手に入らないものと聞きましたが、これが絶品!!美味しかった〜

今回は『長かったサラリーマン生活に定年を迎えて、これから第二の生活をスタートさせるための家』という大きなテーマがありました。これは多くの人がこれから抱えるテーマでもあるでしょう。

(写真は鶴岡八幡宮へ向かう途中にて。初めて見ました!)



それぞれの家庭に合った居心地の良い設計を行うこと、最後に皆が笑って喜んでくれる家をつくること、これがやっぱり重要だと思います。
それには建築が好きである前に『人』が好きでないと住宅の設計の仕事は勤まらないなあといつも感じています。(2006年正月)

by sora-peso | 2006-01-10 23:42 | ●建築に関する事いろいろ | Trackback | Comments(0)

ブログの過去の記事について

正月にここで書いた記事を読み返し、昨年の出来事を振り返りました。

「色々なことがあったなあ」

書き留めなければ忘れてしまったようなことも含め、全部で115の記事がありました。改めて読むと面白いものもあります。多くの方々にコメントをいただきました。ありがとうございます。



←左側の欄に『カテゴリ』という項目があります。


今までの記事を内容別に細かく分類しましたので、興味のある項目があったら是非のぞいてみてください.
by sora-peso | 2006-01-05 17:37 | ・その他 | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧