<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

北欧のカップ&ソーサー

たまたま立ち寄った近くの書店でこの本を買いました。
d0031378_1975887.jpg

スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーの古いカップとソーサーばかりを集めた本です。国別、製造メーカー・窯別にきれいに写真が掲載されていて、眺めているだけでも楽しい。

(絵付けをした人の名前や、カップ裏の刻印の写真、日本の雑貨店での販売価格まで詳しく掲載されています。)

どの国も『お茶』に対する思いは深いなあ、と感心しながらページをめくります。
d0031378_19161129.jpg


先週に茶会へ行ったときのこと

(お茶を知っている人には常識でしょうけれど)楽しみはお茶を飲み終わった後にもあるのです。今使った器や茶具について、作者や窯、由来などを聞いたり、お菓子について、それから床の間に飾ってある季節感あふれる花、書、掛け軸などを皆で鑑賞したりして、会話を楽しむ場でもあるのです。

『作法』や『もてなしの心』の他に、『ものを観る目』、『ものを感じる感性』までも必要とされるのです。茶の奥深さと日本人の美意識の高さというものは凄いな、と思い知らされます。





ちょうど今、今週末に打合せに持っていく小さなトリートメントルームの図面を書いているのですが、この本を眺めているうちにこんな事に気づきました。この部屋はやすらぎを求められる場所でしょうから、来た人にゆっくりとお茶を飲んでくつろいでもらえる場所を用意した案を提案してみよう!と。・・・それから少し案を修正中。


日々の体験。出会い。大事な事だ。

by sora-peso | 2006-03-31 18:06 | ・BOOK | Trackback | Comments(0)

春の茶会

日曜日に、『煎茶道 愛茗流』の茶会へ誘っていただきました。
(会場は高田馬場にある茶道会館。)
茶会というものに出席させていただくのは人生で初めての経験です。


ずっと行ってみたかったので楽しみな気持ち半分、作法は全く分からないし、どんな服装で行ってよいのかも分からず不安半分。お茶を知っている方に電話して話を聞けば聞くほど、余計に緊張するばかりです。
d0031378_1448285.jpg


そして当日。

恐る恐る会場へ向かうと家元の木村さんが着物姿で現れ、案内をして下さいました。(実は家元の着物姿を見たのは初めてで、普段は早朝のジャージ姿しか見たことがなかったのです。着物姿は全くの別人のようで驚きました。とても一緒にサッカーをやっている方だとは思えません!)

煎茶は抹茶ほど作法が堅苦しいものではないようで、心配していたよりずっと和やかで親しみ易いものでした。この日飲んだお茶の中では本物の玉露の味の美味しさに驚かされました。私にとっては茶室という建築空間を体験できたこともたいへん貴重な経験です。(和菓子の世界にも更なる興味が沸いています。)

この度は新しい世界へ招待していただき、本当にありがとうございました。
by sora-peso | 2006-03-28 15:56 | ・日々の事 | Trackback | Comments(0)

住宅ローン

昨日、国土交通省が主催した 事業者を対象とした『住宅ローン』に関する講習会へ参加しました。

住宅を取得した人、これからお考えの人。経験する大きな問題です。
私も真剣に勉強しないといけません。

『変動金利?』 『固定金利?』 『どっちが得なのか?』


d0031378_19163342.jpg

テレビ、新聞などではそろそろ金利が上がるのではないかと騒がれだしましたね。
新しい情報を常に知っておくこと、目先のことに惑わされず長期的な人生計画をたてることは大事です。それから良き相談者がいるといいと思います。

(今土地探しからの住宅相談を受けているお客様へ、私が信頼している不動産コンサルティング・ファイナンシャルプランナーの方をご紹介しました。土地の取得の段階から計画に一緒に関わることが出来ると家の設計にもメリットが多いです。)



『超低金利(例:3年固定など) + 長期固定金利(例:フラット35など)』

このように、複数を組み合わせたローン。
今これがちょっとした流行のようです!
by sora-peso | 2006-03-25 19:20 | ●建築に関する事いろいろ | Trackback(4) | Comments(0)

いちご大福

たいへん遅くなってしまったのですが、先日やっとバレンタインデーのお礼ができました。(プレゼントは近所でみつけた雑貨屋さんで。)
d0031378_17594945.jpg

今年のバレンタインデーには、『いちご大福』を貰いました!!
何かがいつものと違うと思ったら、白あんのいちご大福でした。いちごがきれいに見えるように白あんになっているのかな? とても美味しかった〜。

和菓子を食べている時は自分にとって「幸せだなあ」と感じるひとときです。


【ご連絡】
今月もずっと忙しくしていて少し体調を悪くしていたり、あまり生活に余裕が持てなかったりしていましたが、大きな仕事が一区切りつきました。いよいよ工事が始まったのでばたばた忙しくなりますが、久しぶりに清々しい日々を過ごしています。

仕事の依頼をいただいてから、色々とお待たせしてしまっている皆様。
順々に準備を進めておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

by sora-peso | 2006-03-24 18:38 | ・日々の事 | Trackback(1) | Comments(0)

Sさんの家訪問

日曜日は昨年リフォーム工事を担当させていただいた、市川市のSさん宅へ招待していただきました。「落ち着いた頃にまた遊びに行きます」と約束してから約7ヶ月も経ってしまいましたが、その後も連絡を取り合ったり、妻と食事をしながらSさんの話題をすることも多いので前回訪問したのがつい最近のことのように感じました。
d0031378_17532733.jpgやっぱり家は完成した時の姿より、生活してそこに住む人の人柄や生活感が出てきてどんどん良くなっていきます。そして、その様子をこうして見せていただけることは本当に嬉しいことです!床のパインのフローリングが良い感じになっていました。ご自身で塗った壁の珪藻土もなかなか良い味です。天井の板も、洗面所もすっかりSさんの生活の中の一部となって馴染んでいます。

(工事の様子は左欄のカテゴリ:→「S邸 リフォーム日記」で紹介しています)


d0031378_17541941.jpgこちらのかわいい猫は『もち』さん。新しい家にすっかり慣れたようです。

私の妻はご主人に本をどっさり借りて帰りました(好きな本にかなりの共通点があることが発覚)。私には奥様がよしもとばなな『デッドエンドの思い出』をチョイスしてくれました。手料理をご馳走になったり、工事中の思い出話をしたり、お互いの近況報告をしたり・・・(私は大好きな大岡越前の話を熱く語ってしまって・・・)
すっかり深夜までお邪魔してしまい、楽しい休日を過ごしました。

★Sさんのホームページがあるのでご紹介します。素敵なご夫妻です。
→Lamp Shade
by sora-peso | 2006-03-14 11:54 | ●S邸 リフォーム日記 | Trackback | Comments(2)

地鎮祭と時計台

N邸・2世帯の家(2)

本日はすばらしい天気に恵まれて『地鎮祭』を行うことが出来ました。
d0031378_0383898.jpg

今回は私が日程の調整や神主さんの依頼を行ったものですから、先週から天気のことが気になって気になってそわそわしていました。

これだけ天気の良い日に地鎮祭を行えたこと、皆で「誰の日頃の行いが良かったのかな?」という話しになり・・・みんなどこかで「自分かも知れない!」って思いますよね。天気が良いことで全員が幸せな気分になれました。希に見る最高の地鎮祭でした。

d0031378_039934.jpg

現場にはこんな鳥小屋風の時計台が設置されました。職人さんたちが便利だろうと昨日設置してくれたそうです。相変わらずお茶目なご主人です。

ここは楽しい穏やかな現場になりそうです。
by sora-peso | 2006-03-11 23:20 | ●立石の2世帯住宅 | Trackback | Comments(2)

見学

昨日、お世話になっている大先輩が設計された住宅の完成見学会に招待していただきました。
d0031378_733480.jpg

大きな国道沿いに建つ四角い箱形の木造3階建て住宅です。きっと若い世代の方が住むのだろうと思ったら、ご年輩の方が挨拶に出ていらして少し驚きました。住宅に対する考え方、少しずつ変化しています。
d0031378_7333483.jpg

「このガラス張りの中でどうやって生活するのだろう?」と心配される方も多いことでしょう。でもご主人の大満足そうな顔は、その心配よりも喜びの方が勝っている証でした。
設計案は納得の行くまで練りに練って、1年半の時間を費やしたそうです。

それぞれの家庭、それぞれの立地条件によって家のカタチも様々。建築の表現の仕方にも無限の回答があることを勉強させて頂きました。
by sora-peso | 2006-03-05 07:45 | ・日々の事 | Trackback | Comments(0)

工事スタート

N邸・2世帯の家(1)

葛飾区で設計を進めてきた住宅の工事が、いよいよ始まりました。
まずは古い家の解体工事です。
d0031378_1025274.jpg
今までの10ヶ月ほどの期間、打合せは全てこちらの家で行われたものですから、私にとってもたいへん思い入れのある家になってしまって、どんどん壊れて形がなくなっていく様子を見ているのは複雑な思いでした。
正直、『さあ、新しい家を作るぞ〜』という楽しみな思いは浮かんでこないものです。
(きっと、もし自分の家だったら本当に泣いていたかも知れない・・・)

だからこそ、今度の家はしっかり作らないといけない!!と決意を新たにして、最後のこの家の姿を目に焼き付けました。

私に任された仕事に対する責任の重さは日々どんどん増してきて、そのプレッシャーであまり眠れなかったり、他のことが考えられなくなったりします。

先日、『そんなに思い詰めなくていいからね。気楽にやっていいよ。なんでも言ってくれれば協力するからね。』と依頼主のご主人が声を掛けてくれたこと、とても嬉しく思いました。目が潤んでしまって上を向けなくなってしまった。。

プレッシャーに打ち勝つために、机の上でじっとしていて病気になってしましそうに感じる時、私の場合はとにかく現場を見に行くようにしています。現場カントクから始まった私の建築の道、やっぱり一番ほっとするし、また厳しさもある場所。

設計の仕事は多くの人が想像するような華々しいものではなくて、本当に地味で地道な仕事の積み重ねです。完成までのあと半年の期間、この現場に足を運びます。
by sora-peso | 2006-03-04 11:11 | ●立石の2世帯住宅 | Trackback | Comments(0)

JAZZ meets the children!!

日曜の夜はJAZZライブに誘っていただきました。
JAZZは全く詳しくないし、たまたま入った店で演奏しているのを聴いたことがある程度でしたが、本当に楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
d0031378_10385177.jpg

メンバーの皆さん気取らない人たちで、曲と曲の間に入るトークでは、会場からくすっと笑い声が上がるような、そんな和やかなムードの中での演奏でした。

もう少し早く行くと、子どもたちが集まってこの演奏を聴くイベントが行われていました。私は子どもの頃JAZZなんて知りませんでした。本物の音を聴いて、とても良い経験になったのではないでしょうか。

(その様子はこちらのサイトでご覧いただけます。是非大人たちにじっくり読んでもらいたい。)
→JAZZ meets the children!!
それから、こちらの会場は→Cafe Lineさん

その後、ほんの少しだけ持っているJAZZ・CDの中から キース・ジャレットという人の『The Melody At Night,With You』という大のお気に入りのアルバムを出してきて仕事中静かに聴いています。昔一人暮らしをしていた頃に、夜中よく聴いていたCD。(これはピアノのみの演奏)

私自身、子ども以上に影響を受けてしまったようです・・
by sora-peso | 2006-03-02 10:35 | ・日々の事 | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る