<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

自分の住む街

昨日の手賀沼の風景。週末の朝6時半頃はいつもこの辺りにいます。
心も体もリフレッシュできる、ここで過ごす1時間は自分にとって大切な時間です。

向こう岸に見えているのは我孫子市。沼を見下ろせる高台には昔、白樺派の志賀直哉、武者小路実篤、柳宗悦、陶芸家のバーナード・リーチなども住んでいました。
d0031378_18425112.jpg
今日はこの沼を1週(約20キロ)するハーフマラソンが開催されました。
実は私も挑戦するはずだったのですが、残念ながら応募多数によりエントリー出来ませんでした。。なんと7,000人ものランナーたちが走る、人気の大会です。

別の場所では音楽のイベントが行われています。どちらも日頃お世話になっている地元の方々が参加していて応援しています。


d0031378_1843362.jpg
鳥たちも朝の散歩中

d0031378_18431551.jpg
おっ、岸に上がってきた!



帰る途中、偶然にもジョギング中の兄と遭遇。
普段見かけない、アスリートの顔をしていました。アルティメットというスポーツ(格闘技ではなくて、フリスビーを使う競技)の元・日本代表選手。
by sora-peso | 2006-10-29 19:27 | ●探訪(街・建物) | Trackback | Comments(6)

石の建築

栃木県宇都宮市へ行ってきました。

宇都宮市は『大谷石』の産地です。
(大谷石とは、宇都宮市大谷町付近一帯から採掘される凝灰岩の総称です。)
d0031378_562417.jpg

大谷石建築で有名なのは、フランク・ロイド・ライトが設計した『帝国ホテル』。(もちろん使用された大谷石はこの街から切り出されたもの)身近なところでも、近所の古い家の塀などによく使われているのを見かけます。
古くなると良い風合いになって、とても魅力があります。

→大谷石ギャラリー
古い大谷石建築の写真を見ることができます。(大谷石研究会のHP)

お土産に大谷石研究会が出版されている『大谷石百選』という写真集を買いました。時間がなくて立ち寄れませんでしたが、宇都宮市は餃子もとても有名です。駅周辺だけで餃子店が数十件もあるそうです。
by sora-peso | 2006-10-24 05:29 | ●探訪(街・建物) | Trackback | Comments(3)

音楽・横浜 ZAIM

日曜日は、夢の、趣味の部屋(音楽スタジオ)がある住宅の打合せがありました。その部屋は家の中でいちばん広い場所になりそうです。リビングは4帖半あれば十分・・という建て主さんの決意の元に、設計が始まっています。

その帰りに、横浜へ立ち寄りました。
関内駅・横浜スタジアムの正面にあるZAIM【ザイム】という場所で行われた音響実験を見学させて頂きました。その様子です。
d0031378_6224528.jpg

これは何かというと、フルオーケストラの楽団員の配置と全く同じようにスピーカーが64台配置されていて、一台一台のスピーカーからそれぞれの楽器の音が出ているのです!

(このマルチトラック64chという音源によるフルオーケストラの実音場再現は世界初・世界一の規模だそうです)

d0031378_6292950.jpg

普通のオーディオの音を聞くことと決定的に違うことは、オーケストラの中を自由に歩き回れることです。歩き回るとそれぞれ違ったパートの楽器の音が聞こえて来ます。本物のオーケストラの中に入るなんて(そのような機会もないですが)、迷惑になるので絶対に出来ません。これならすぐ隣で椅子に座っても、子供が走り回っても、お酒を飲みながらでも、このものすごい臨場感を体感できるのです。ベートーベンの演奏の中に入れて頂きました。貴重な体験をありがとうございました。

■主催:ON-COOプロジェクト(音響空間研究会)
(スピーカーはこの会の代表者でもある田口さん率いる田口製作所の制作による)


それから、このZAIMという場所はとても面白い所でした。
築78年の歴史ある建物が、様々な活動拠点の場として利用されています。

■ZAIMの沿革
------------------------------------------------------------------------
昭和 3年 日本綿花(株)横浜支店として創建
昭和20年 アメリカ軍に接収され、物資集散拠点として利用
昭和29年 国によって買収
昭和35年 事務所棟が関東財務局の建物に
昭和39年 倉庫棟が労働局庁舎に
平成 5年 関東財務局・労働基準局が第2合同庁舎に移転
平成 9年 地方裁判所建て替えに伴い仮庁舎として利用
平成15年 横浜市が取得


横浜市の積極的な取り組みにも関心してしまいます。


■横浜市の「歴史的建造物活用実験事業」
------------------------------------------------------------------------
文化芸術創造都市を推進する横浜市では、都心部の歴史的建造物を保存し、アーティストの制作・発表の場として活用を図っています。
既に、旧第一銀行及び旧日本郵船博物館(BankART 1929)、旧富士銀行(東京藝術大学大学院映像研究科)、万国橋倉庫などが稼動しています。
このZAIMも、1928年創建の歴史的建造物で、今後の再整備計画が確定するまでの暫定期間、芸術文化施設として利用されます。

→ザイムとは?
by sora-peso | 2006-10-23 23:06 | ●探訪(街・建物) | Trackback(1) | Comments(4)

集合住宅のポスト

ドイツ製のポストです。
d0031378_2153872.jpg

d0031378_2153592.jpgd0031378_21541362.jpg

d0031378_21543178.jpg色の種類がものすごくたくさんあるようです。どれもベーシックな形で、使い勝手も単純で使いやすそう。


集合住宅を計画する時にポストは意外と悩みどころです。(ずらーっと同じモノが並びますので。)
最近のマンション向けの既製品のポストは、どうしても『高級感』や『機能たくさん』に走る傾向があるように感じます。


d0031378_22165179.jpg左の写真は以前に設計を担当させて頂いた集合住宅のポストです。
表側はぶ厚い鉄板に穴を開けただけの単純なもので、裏側にボックスを付けました。扉と一体にしてあるのであまり目立ちません。自分なりに、気に入っているポストの一つです。

単純な形ほど、考えるのに時間がかかったりします。これも最終的な形に落ち着くまで、何度も何度も考え直して苦労した思い出があります。


昨日、計画を進めていた集合住宅の建築確認の許可がおりました。
三鷹市・井の頭公園の近くで工事が始まります。
(鉄筋コンクリート造・3階建て 2007年3月末完成予定)
by sora-peso | 2006-10-19 00:31 | ●建築に関する事いろいろ | Trackback | Comments(0)

そこは小さな音楽ホール・・・ 

月曜日は葛飾の家の引っ越しでした。

d0031378_2324838.jpg半年間しまいこんでいた荷物を縁側にずらっと並べて、天日干しの最中です。この縁側と倉庫がほんとうに便利で喜ばれていました。

持ち込む家具類は寸法をしっかり計ってあるので、きちんと家のそれぞれの場所に収まるはずなのですが・・・やはり実際に入れてみるまで心配なものです。
「モノがぴたっ、ぴたっと収まっていくから気持ちがいいね」とほめていただき一安心です。


d0031378_23104254.jpg
この日は植木屋さん(私の父です)も登場。玄関先が緑豊かになりました。
この植栽は以前から庭にあったものと、『グリーンバンク』からもらってきたものです。
グリーンバンク(緑の銀行)は葛飾区が運営するシステムで、家の建て替えや道路工事等で処分せざるを得なくなった緑を区が保管してくれるのです。行って登録しておけば、欲しい人に木を無料で譲ってくれるというなかなか良いシステムです!

d0031378_2310581.jpg

玄関脇に植える予定の竹、右はキンキャラ



使い込んだ家具も、既に違和感なく家に馴染んでいます。(家が家具に馴染んでいるような)
壁の一部をパイン材の板張りにしたのは、お持ちの家具にパイン材で出来たものが多かったからでした。
この天井を上げたリビングは、ステレオの音が良く響くと大評判です!どうやら木で出来た部屋全体が1つのスピーカーのような役割をして良く響いてくれるようです。考えてみれば、楽器もスピーカーも木で作られたものが圧倒的に多いですよね。
d0031378_23111362.jpg

私たちもオープンハウス2日目に、いつも仕事中に使っているCDラジカセを持ち込んで音楽を流してみて、あまりの音の良さに驚き、感激したのです。(特に静かな夜が最高)
ごく普通の小さなラジカセで、音が物足りないのでいつか買い換えたいなと思っていた程の代物です。それがこの部屋ではびっくりするほど良い音を出すのです。現在、音楽スタジオ付きの家を設計中なので、何か良いヒントになればと思っています。

この日はフライフィッシングの道具や、凄い三味線、琴なども見せてもらい大興奮の一日でした。一日引っ越しのお手伝いをして、帰りに「せっかくだから、自分で設計した家のお風呂に入って行ったらどう?」と何度も声をかけて頂きました。まだ誰も寝泊まりしていない新築の家ですから遠慮させていただきましたが、嬉しかったです。次回は是非!

皆さん、引っ越しお疲れ様でした。
by sora-peso | 2006-10-18 23:48 | ・日々の事 | Trackback | Comments(0)

オープンハウス2日目の様子・寝室とリビング編

N邸・2世帯の家(25)

【オープンハウス2日目の様子】

最後は『寝室とリビング編』です。
d0031378_444249.jpg

風通しの良いリビングです。
ここは皆が集まる家の中心となる場所。
(1階床:竹 壁・天井:シナベニヤ、一部板張り)

d0031378_444193.jpg

キッチン方向を見る。キッチンの裏に見えるのは洗面所です。
左奥に玄関があり、仕切のない開放的な間取りです。

d0031378_4443578.jpg

テーブルの高さに合わせて小棚を作りました。
テーブルの延長として細々したものを置くことができるので、テーブルの上を
広く、すっきり使うことが出来ると思います。(左側は本棚)

d0031378_4445653.jpgd0031378_4451059.jpg

d0031378_4452794.jpg南側の庭に面して書斎(コタツ部屋)がつながっています。その右脇はご両親様の寝室。

日中はリビングとつなげて広々と過ごし、夜だけ少し閉じる。壁の中に引き込める建具とし、様々な使い方に対応できるようになっています。

特に2世帯ですと、それぞれの朝や夜の生活時間帯に差があるため、このような工夫が大いに役立つと思います。



d0031378_4454414.jpg

書斎です。奥がリビングで、左側はご両親様の寝室。
建具は中央の壁の中に入ってしまうので、こちら側からも見えません。
寝室と書斎の間も同様に、全て引き込める建具で、仕切ったり・つなげたりが出来ます。
縁側からの急な来客時などに、ぱっと閉めてしまえばゆっくり寝て居られます。
建具の上(ランマ部分)は開け放しになっていて、戸を閉めても風が流れるようにしました。(エアコンも1台で済みます。)

d0031378_446143.jpg

ここはぜひ注目して頂きたい、寝室の押入れです。
こちらのお宅は、建て替えるまでずっと布団屋さんを営んでいたので、これはまさに『布団のプロが提案する押入れ』なのです!

奥行きが普通の押入れより浅め(3つ折りでちょうどの奥行き)になっています。棚で4段に分かれています。これだと布団が潰れなくて済み、たくさん重ねないので取り出しも楽チン。

敷き布団と毛布等を分けて入れても良し、個人用の寝具を一式セットにして入れても良し。
流石です。私も勉強になりました。


d0031378_4461794.jpg

2階の寝室です。洗濯物を干す場所の床はテラコッタ仕上げです。植物を置いてもいいですね。

d0031378_4463222.jpg

珪藻土(けいそうど)の壁は、多くの皆さんが興味を示されていました。木の空間に、柔らかい白の壁が爽やかです。ともて落ち着く場所です。
(右側はクローゼットの入口、扉はなし。入口付近にカバン掛けを付けました。)

d0031378_555688.jpg

クローゼットは洋服やカバンが多く収納出来るようになっており、大きなタンスもこの部屋に入れてしまいます。3帖のスペースですが、これだけあると大変便利。
この部屋も、「うちにもぜひ欲しい部屋」の一つとして人気でした。

d0031378_4464618.jpg

階段を上がって2階のリビングへ。天井が高くて、憧れのワークスペースがあって・・・ふわっと歓声が上がる瞬間でした。

d0031378_447146.jpg

ワークスペースからリビングを見る。奥には寝室が見えます。
(左より洗面台、トイレ、冷蔵庫置き場)


皆様より「広い家ですね〜」というご感想をいちばん多くいただきました。

たしかに2世帯なので多少面積は広めですが、実はそれほど特別大きな家ではありません。
広く感じた理由は以下の通り。

■開放的な間取りになっていること
 ・・・個室が少ない。1つの部屋を、もう1つの部屋とつなげて使えるようになっている。
 ・・・必要のない建具は付けない。
 ・・・視線が遠くまで通る。家の中に見えない場所をあまり作らない。
(※昔の日本の家はみなそうでした!風通しの良い理由もここに)

■共用できるものは、共用する
 ・・・玄関、キッチン、浴室は2世帯で共用。
(※もし、これらを2つ家の中に作っていたら、このような開放的な家になりませんでした。1階も、2階も、ちょっと狭い印象の家になっていたでしょう。どちらを選択するか、ここが重要。十分な話し合いを)

■家を敷地いっぱいにつくらない
 ・・・敷地にゆとりをもたせる。
(※外部空間も家の一部です!)


2日間、お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
また、完成したばかりの家を快く公開して下さった建て主さん、
最後まで色々とご協力いただいた工務店の皆様に感謝の気持ちで一杯です。

多くの方々に祝福され、無事に完成を迎えられたことを
心より嬉しく思っております。
by sora-peso | 2006-10-15 04:47 | ●立石の2世帯住宅 | Trackback(1) | Comments(0)

オープンハウス2日目・水まわり編

N邸・2世帯の家(24)

【オープンハウス2日目の様子】

今回は『水まわり編』です。

d0031378_14234233.jpg

キッチンにはモノがたくさん溢れます。例えば料理の本、すぐ手の届く場所に棚をつくりました。(中央に仕切を入れて2世帯分に)
このカウンターも無垢材(ヒノキ)で出来ています。

d0031378_14235756.jpg

コンロ脇にフライパンなどを掛けるためのフック、小物入れとしても活躍するスパイスラックを付けました。

d0031378_14241272.jpg

食器棚は引き違いの3枚戸になっていて、戸を開けたままでも作業がし易いと皆さんに好評でした。(ガラスも人気) 家具屋さんにオーダーして作ってもらいました。
(見に来て下さったお客様より、早速食器棚のご相談をいただいています。)

d0031378_14242557.jpg

キッチンの奥に、小さな中庭をつくりました。隣地からの距離を少しとること、ゴミや植木を置くこと、それから浴室のためにこの場所を作りました。(奥にあるのはウッドデッキの目隠し、窓の手前を右へ曲がると倉庫につながります)
d0031378_14244460.jpg
中庭を作ることで、浴室の窓を南側に作ることが出来ました。隣の家を見ながら風呂に入ることとは比較にならないほどの差があります。朝陽も差し込んでくる快適な浴室です。
また、窓の外にはすぐ目の前に先程のキッチンの窓があります。「おーい」と呼べばすぐに「なーに」と会話の出来る安心の距離です。段差のことだけではない、こういう事が私は『バリアフリー』だと思います。特に浴室はいちばん事故の多い場所ですから。

d0031378_14245649.jpg

トイレから洗面所を見た風景。その奥は脱衣室、浴室です。
全て『引き戸』になっているので開け放しにすると奥まで広々。

d0031378_14251072.jpg
洗面所、脱衣室には着替えやタオル、洗剤等を入れるための収納を多くとっています。

d0031378_14252154.jpg

脱衣室には2世帯分の洗濯機を置きます。手前は『全自動』用、奥は『2槽式』用、それぞれ使い慣れたものを。上部に洗剤を入れる棚があります。

d0031378_14253438.jpgd0031378_15294979.jpg

2階の洗面台です。棚の下に付けたグラスを掛けるためのハンガーがとても喜ばれています。

d0031378_14254627.jpg

トイレのマガジンラックはリクエストを頂いていたものです。
訪れたお客様に色々とお話しを聞く中で、「トイレで本を読む習慣がある」という方は数名いらっしゃいました。(うちの奥さんもその一人)。

人それぞれ様々な生活習慣があるものです。
それに対応した快適な家をつくれることが、オーダーメイドの家の良いところです。

お客様との会話を重ねる毎に毎回(驚きや)発見があって、それをうまく設計に取り入れられるよう日々努力しています。
by sora-peso | 2006-10-13 14:25 | ●立石の2世帯住宅 | Trackback | Comments(2)

オープンハウス2日目・アウトドア編

N邸・2世帯の家(23)


2日目は、これから家づくりを検討されている方、以前に私共で設計を担当させていただいた方、近所の方、友人や家族など13組・計26人と、多くの方々が来てくれました。
本当にありがとうございました。

【オープンハウス2日目の様子】

3回に分けてご紹介したいと思います。
今回は『アウトドア編』です。
d0031378_114743.jpg

庭からの眺めです。ご近所の方々がよく訪れる家なので、デッキ材で作った長い縁台は重宝することでしょう。お昼はここで蕎麦を食べました。
d0031378_1142017.jpg

ここは倉庫です。(壁は杉板)
正面のサッシを開けると目の前は駐車場。釣り道具をすぐに車に詰め込んで出掛けられます。6帖のうち3帖が土間で、もう3帖が板間になっています。土間には庭の道具や車のタイヤなども入ります。板間部分はキッチンとつながっている便利な収納スペースです。
d0031378_1143254.jpg

倉庫もワークスペースと並んで、男性から人気が高い場所でした。
杉の木も評判が良かったです。
d0031378_1144464.jpg

デッキを敷いたバルコニー
d0031378_1145859.jpg

表札は瓦で作ってもらいました。洗い出し仕上げの門柱に良く似合っています。
d0031378_1151255.jpg

門柱に開口をつくり、足元に玄関灯の光が落ちるようにしました。
そこに小さな花壇をつくって「ムラサキシキブ」を植えました。
d0031378_1152574.jpg

玄関前は落ち着いた雰囲気に仕上がっています。
by sora-peso | 2006-10-11 01:31 | ●立石の2世帯住宅 | Trackback | Comments(2)

オープンハウス1日目

N邸・2世帯の家(22)

昨日は無事に引渡しが行われました。建て主さんにとても喜んでもらうことができて本当に良かったです。

打合せ開始から家の完成まで1年半。みんな1つ歳をとりました。

長い期間この仕事に関わらせて頂いたことを、心より感謝しています。
工事が終わってしまうと、お会いする機会が急に減って寂しくなりますが、今後ともよろしくお願いします。


【オープンハウス1日目の様子】

d0031378_2241587.jpg

d0031378_6585616.jpg

1階のリビングルーム。何も置かない部屋では生活感が出ないので、家中に色々と小物を置きました。
d0031378_659871.jpg

午後からはオープンハウス開催となりました。
8組・計20人近くのお客様が見に来てくださりこれもまた、たいへん嬉しいひとときでした。
皆様、本当にありがとうございました。

本日10月8日も、午前10時より開催中です!

→内覧会開催のお知らせ

d0031378_11505586.jpg
お子様連れのお客様も多かったのですが、ここで新たな発見が! 
子供は木が大好きなんです。縁側などもお子様たちには大人気でした。近頃多い無機質な家、大人の希望だけで決めていませんか・・・?
d0031378_1151131.jpg

帰る時に感想を聞いてみると「面白かった!」と、ある小学生の子供が笑顔で言ってくれました。これには私も、感激してしまいました!。
d0031378_6592062.jpg
サンルームの船舶照明。ここは洗濯物を干せるようになっていて、訪れた奥様方から人気No.1の場所でした。
d0031378_6593989.jpg

サンルームに並んで女性に好評だったのは2階の洗面台です。
d0031378_6595134.jpg
トイレにも季節感を
d0031378_11492350.jpg

家の正面は塀など作らずに、開放的な場所になっています。
d0031378_70663.jpg

玄関のどっしりしたケヤキの式台は家の顔です。広々した玄関はやはりいいです。(左の格子戸を開けると靴収納があります。)
d0031378_70218.jpg

1階のリビングの夜の風景。(蛍光灯を消した状態)
天井のランプをつければ明るい部屋になります。
d0031378_703559.jpg

寝室から2階のリビングルームを見る。壁の珪藻土が暖かな印象を与えてくれます。
d0031378_705990.jpg

リビングルームの一角にあるワークスペースです。
ここは男性からの人気No.1の場所でした。本や趣味の道具、仕事、パソコン、読書・・・皆さん夢を膨らませていました。
d0031378_711271.jpg

寝室にある小さな飾り棚です。上部にとても小さなオレンジ色の常夜灯が入っています。
(お休み時にはここのランプだけ付けて)
d0031378_712698.jpg

寝室の大きな出窓です。本や目覚まし時計など、色々と置けて便利。

綺麗な花は、鎌倉から房江さんが用意してくれたものです。
いつもありがとうございます!大好評でした。

(今日は昼間の写真を中心に撮ってきます。)
by sora-peso | 2006-10-08 07:02 | ●立石の2世帯住宅 | Trackback | Comments(4)

本日より内覧会

N邸・2世帯の家(22)

今日から始まる連休中に、完成内覧会を行います。
実際に見てみたいな、と思って下さった方は、ぜひ気軽にお越し下さい。


→内覧会のお知らせ


心配していた天気ですが、晴れました!


それでは、室内を少しご案内・・・



d0031378_552298.jpgバルコニーに敷いたウッドデッキです。大きな屋根をかけました。

裸足のまま歩いても快適。

d0031378_553712.jpgご主人様の書斎です。普段はこたつを置いて生活されるので、気取らずに過ごせる場所にしました。

仏壇を置く場所でもあるので、上部のエアコンは格子で隠しました。

d0031378_555085.jpgサンルームの船舶照明


d0031378_56155.jpg新築の家で、壁のどの場所にフックの穴を開けてよいか迷ってしまう経験はあると思います。

当初よりご要望を頂いていて、このような簡単なフックを2階のそれぞれの部屋に取付けました。なかなか便利。(写真は、寝室のドレッサー脇。ネックレスなどのアクセサリー掛けとして)



d0031378_56386.jpgトイレに付けたマガジンラック






(続きは現地にて)





ご来訪お待ちしております!
by sora-peso | 2006-10-07 05:10 | ●立石の2世帯住宅 | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る