<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新しい名刺入れ

新しい名刺入れを使っています。

d0031378_18444920.jpg

今まで名刺入れは2つ持ち歩いていましたが、これなら1つで十分。
仕分けも楽になりそうです。

d0031378_184529.jpg

自分の名刺は80枚以上入りました。(薄手の紙なら100枚入りそうです。)

d0031378_18451532.jpg

この名刺入れは雑誌『モノマガジン』からの依頼で
兄の工房で1つだけ製作されたものです。

幸運にも私の手元にやってきました。


ただ今発売中のモノマガジンに掲載されています →詳しくは
by sora-peso | 2007-04-27 18:57 | ・モノ、愛用品 | Trackback | Comments(0)

完成!!

井の頭公園の集合住宅(9)

完成したばかりの建物内部をご紹介します。

d0031378_751564.jpgここは学生・社会人のひとり暮らしを想定した部屋です。1階南側のテラスドアは第2の玄関として使えるようになっていて

「自転車で近所へ買い物に・・・」

「サンダルで、ちょっとそこまで犬の散歩に・・・」

といった時に、わざわざ玄関にまわらなくてもすぐに外へ飛び出せます。

d0031378_753465.jpg



d0031378_755629.jpg南側外観

細い道に面していますが、こちら側に住んでいる人しか通らない和やかな場所なので思い切ってオープンな作りに。


d0031378_761474.jpgここは最上階(3階)部分で二人暮らし(+小さなお子さん)を想定した部屋です。

近年、『広いワンルームに住みたい!』という若い世代の声をよく耳にします。
(でも突然の来客時など、さっと隠せる場所があると便利!!)


限られたスペースを有効に使えるように、部屋同士を仕切る壁は作らず、可動式の扉を設置しました。

d0031378_762920.jpg
きっと奥の部屋は寝室として使うようになるでしょう。普段は大きく部屋を使って、必要があれば2部屋に仕切る。光を透過するパネルを使用しているため、扉を閉め切っても暗くなったり、閉塞感を感じることがありません。


d0031378_765898.jpg屋根が斜めに削られた部分を利用して水回りを設置。洗濯機もこの中にあり、風呂に入る時の脱衣室も兼ねます。


d0031378_772920.jpg他の部屋の水回り例


d0031378_774925.jpg


d0031378_78943.jpg3階の北側の部屋は、特別特典として大きなルーフバルコニーを使える権利が付いてきます!

玄関へ入るとすぐに屋上へ続く階段があり、上から太陽の光が注いできます。

このスペースは洗濯物干しだけではもったいないですね、部屋の中を通らずに屋上へ人を招待できるので、気軽に大勢集まってパーティーを開催するなんて、ちょっと憧れる世界を体験出来るかも知れません・・・。

d0031378_782773.jpg

遠くまで視界が広がります。

コンクリート工事中に、最上階までやっと出来上がって嬉しかった、そんな思い出が残る自分にとっても特別な風景です。


d0031378_784369.jpg
全7部屋の共同体です。

これから色々な人たちが住み、ここから巣立って行くことでしょう。
この建物で暮らしたという経験が、若い頃の良き思い出とともにずっと
心の中に残ってくれると思うと、設計者としてはものすごく嬉しいです。 丹羽 修



この仕事に関わらせて頂いてから、はじめてひとり暮らしをした駒沢大学の小さなアパートでの生活(日の当たらない部屋でした、でも天井が高くてロフトがあって、毎晩自炊しました、洗濯機ありませんでした、当時憧れていたYチェアを1脚だけ買いました)、それから結婚して新婚生活を送った日吉の古いアパートでの生活(家に帰ると妻が待ってくれている幸せ、5階で見晴らしが良かった、でもエレベーターなし、小さくて古いけれど洗面台があってうれしかった、東横線が便利だった、友人がよく遊びに来てくれた、壁をきれいに塗り替えた、大家さんがいい人だった、仕事を独立、でも最初はバルコニーから遠くを眺めるばかりの日々が続く・・・)のことを何度も思い出しました。

どんなに考えても悩んでも背伸びしても、ほんとに最終的な部分は自分がこれまで送ってきた人生の経験という物差しで建物を設計することになるのですね、これは私たち設計者だけでなくてお客様も同じこと。だからヒアリングには時間をかけるよういつも心掛けています。どんなチームを組んでどんな共通の思いで家を作るかによって、1件1件似ているようでも全く違うものが出来上がります。

by sora-peso | 2007-04-16 07:29 | ●井の頭公園の集合住宅 | Trackback | Comments(6)

リフォーム完了!!

門前仲町 マンションリフォーム(7)

ついに完成しました!

そして、お客様Yさんの想いがたくさん詰まった空間に生まれ変わりました。

d0031378_16412868.jpg
狭かった玄関部分は壁面収納を低いものに作り変えたため、広々とした印象を与えてくれます。壁のテクスチャーが独特の雰囲気を醸し出しています。

d0031378_16415834.jpg

d0031378_16422844.jpg
居間の和室を板間に改造し、キッチン・ダイニングと連続する広いワンルーム空間へ。無垢のフローリングの感じは、やっぱりいいですね。

d0031378_16425421.jpg



d0031378_16431021.jpg

d0031378_16432285.jpg
キッチンのカウンターは、下がリビング側から見えない食器棚になっています。スライド式の棚を付けて、炊飯器もこの中に収まります。キッチンはシンプルなステンレスの業務用キッチンが入りました。(ローコスト、でも十分。)


d0031378_16414361.jpg

d0031378_16433537.jpg
小さなタイルを埋め込んだ洗面台に実験用シンクを取り付けました。(上の写真は入口の上げ下げスイッチ)


d0031378_1643494.jpg

d0031378_1644731.jpg

d0031378_16421517.jpg



本当に自分が好きな物に囲まれて生活したい。

今回の工事で私自身も勉強したことはそんな『生活へのこだわり』です。

その想いをかなえる為に、担当して頂いた施行業者のスタッフさんたち、職人さんたちは一丸となってがんばって下さいました。お客様自身も自分でやれる部分については労力を惜しまず、なんと壁も、フローリングもお客様がご自身で塗装を行ったものです!

こちらの家の、『自分が好きなもの』
それはずっと昔から憧れているものであったり、使い慣れているものであったり、懐かしくてたまらなくなるものであったり・・・また、家作りをしている途中で初めて気づいた自分好みのものであったり。『流行の新しいもの、高価な物』を使って家作りをすることとはまるで意味が違ったのです。私自身も今回の仕事に関わらせて頂く中でどんどんそういう姿勢に共感し、この家の仕事に引き込まれていきました・・・

まだ未完成の部分については、住みながら少しずつ手を加えて行かれるとのことです。そういう余地が残されている家の方が、きっと楽しく生活が送れるかも知れませんね。

それでは、生活が落ち着いた頃にまたお邪魔させていただくことを心待ちにしています!
完成おめでとうございます!




Yさんと初めてお会いしたのは、昨年10月に行った立石の家のオープンハウスです。以前にリフォームを担当させていただいた方からのご紹介でした。それから物件を探されて、リフォームがスタートしました。本当に幸せなことに、今までお付き合い頂いた方々がその後も私たちを支えてくれて、たまに声をかけてくれたり、このブログを覗いて応援してくれたりもします。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!
by sora-peso | 2007-04-01 19:59 | ●門仲 マンションリフォーム | Trackback | Comments(8)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る