<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

阿佐ヶ谷の家

阿佐ヶ谷の家(1)

2007年12月。
候補の土地が見つかったという建て主さんからの連絡を受けて、
私が初めてこの土地と対面した日の写真です。

d0031378_2325137.jpg
事前に資料をいただいていて、
面積はわかっていたつもりですが・・・

久しぶりに衝撃を受けました。

土地の面積は約10坪!!

建ぺい率が60%の地域ですから、
建築面積は6坪が限界。
狭小敷地との挑戦の始まりです。


建て主さんと最初にお会いしたのはその半年ほど前でした。
(これまで面識はなかったのですが、学校の(それも建築学科の)先輩なのです!)
「土地を見つけて、ちっちゃな家を建てようと思う」
というお話しでした。




d0031378_23252710.jpg2009年2月。
じっくり約1年間の話し合いからいよいよ設計がまとまり、工務店さんも決定し申請の準備が始まりました。

ご近隣の方々へ設計説明を行い、敷地に工事の内容を伝える看板を設置しました。


d0031378_23254171.jpg5月に入り、ついに工事が始まりました!

敷地の調査結果から、地盤の補強を行うことになりました。


d0031378_2326154.jpg
基礎の鉄筋を組んでいます。
小さいからといって、工事が簡単な訳ではありません。
しっかりと工事を行います。




d0031378_23261453.jpg
車を停めるスペースや、材料を置くスペース、
材料を加工するスペース・・・
現場の方々はいつも以上に苦労することも。
工夫しながらの作業です。





d0031378_944555.jpg上棟しました!!

待ちに待ったこの日。
その姿をご覧になって、建て主さん、ご家族の皆さんがとても嬉しそうでした。
きっとここまで、色々な心配も多かったのだと思います。
私もとても嬉しく思いました。


d0031378_23262644.jpg
信頼して設計を任せていただいたことを感謝します。ありがとうございました!

ここでひと息つきたいところですが、これからが家づくりの本番です。
秋の完成を目指してがんばりますので、どうぞよろしくお願いします!
by sora-peso | 2009-06-17 20:23 | ●阿佐ヶ谷の家 | Trackback | Comments(0)

『建もの探訪に・・・』

お知らせです。
先週土曜日に、『建もの探訪』の渡辺篤史さんが私共の家にやって来ました!!

d0031378_20503433.jpgうわさの通り渡辺さんは、全くリハーサルも、下見もせずに、到着されてすぐに撮影に入りました。

インターホンが鳴り、ドアを開けて挨拶する瞬間が始めて渡辺さんと会う瞬間。

そしてカメラがまわり始めます・・・

もちろんテレビなど初めての経験ですので、とても緊張しました。
あまり何を話したのか覚えていませんし、きっとおかしな部分もたくさんあり
恥ずかしい思いもありますがぜひ放送をご覧になってください。

放送予定日は
・テレビ朝日『渡辺篤史の建もの探訪』 8月16日(日)朝6:00〜
です。

(※地域により放送日が異なるようです。
建もの探訪BOOKに詳しく書かれています)




d0031378_2051127.jpg今年で20周年!!

私も大ファンでずっと見ている番組ですので、出演依頼のお電話をいただいた時はとても驚きました。(この家が掲載されている雑誌の記事から連絡を下さったのです。)

渡辺篤史さん、スタッフの皆さんとお会いしてこの番組がたくさんのファンに愛されてきた理由が分かりました。本当にありがとうございました!


d0031378_20512484.jpg探訪BOOKにサインをいただきました。


あの名セリフの数々を目の前でお聞きできて幸せでした!


となりの兄世帯の収録風景や、番組最後に流れる渡辺さんのコメントなど、私もまったく知らないことがたくさんあります。8月の放送日を待ちましょう!



→エピソードいろいろ・・・
by sora-peso | 2009-06-16 07:11 | ・お知らせ | Trackback(1) | Comments(14)

タイルの浴室

北柏の家 リフォーム (2)

d0031378_6293470.jpg

浴室のタイル工事が完了しました。
(今回は住まいながらのリフォーム工事だったため
お客様にはしばらく銭湯へ通っていただきました。
これで一安心。)

d0031378_6302765.jpgご依頼により、リフォーム後の浴室もまた在来式のタイル張りです。目地がビシッと揃って、職人さんたちは会心の工事だと胸を張っていました!

一見簡単に見える工事ですが、リフォームで壁を解体してみると柱が上と下で2〜3センチ傾いていたり、基礎がまっすぐでなかったり、様々な問題が出てきました。タイルはほぼきっちり正確なサイズですから、壁を垂直に補正して、タイルに合わせて部屋のサイズ、高さを微調整しながらの作業となりました。(この作業を通称「タイル割り」といいます。)


d0031378_630682.jpgd0031378_6295160.jpg

浴室の床タイルには、サーモタイルと呼ばれるものを使用しています。
(普通のタイルと違うのは、素足で踏んだ時にそれほどヒヤッとしません。)

洗面脱衣室とトイレを合わせてワンルームになりました。
将来的なことを考えてのことです。
こどもたちが独立された後の、ご夫婦二人の生活を過ごすための
リフォームです。
by sora-peso | 2009-06-10 19:00 | ●北柏の家 耐震リフォーム | Trackback | Comments(0)

ガレージのある家

宮原 ガレージのある家(1)


さいたま市・Kさんのお宅が上棟しました!!
ガレージ付きの3階建て住宅です。

敷地は宮原駅から少し歩いた住宅地にあります。
(お隣り大宮駅との間には、近年オープンして人気の鉄道博物館があります。私も2月に行ってきました!)

d0031378_1856843.jpg

入口部分は間口約5メートルのガレージになります。

1階部分は構造上、上の重さを支えますので特に強度が必要とされる部分です。
そこに車2台並列するだけの開口を取ることは、通常の木造住宅では問題がありました。
そのため、大きなスパンをとれる"SE構法"という少し特殊な木構造を採用しています。

d0031378_18562946.jpg

上棟式の終盤、少し雨が落ちてきて
ここに大人10人以上集まりましたがまだまだ余裕がありました。
これから色々な用途に使えそうですね!

ガレージ付きの家、私もとても憧れます。
本当に羨ましい!!

d0031378_1856526.jpg

ここは3階の床部分。
吹き抜けから2階のリビングの様子がうかがえます。

この吹き抜けは、視覚的なつながりと共に、
明るい陽射しを2階の奥の方(キッチン)まで届ける役目も果たします。




d0031378_18572772.jpg
Kさんとの最初の出会いは一昨年でした。土地探しをされている時にご連絡をいただきました。

左の写真はちょうど1年前の6月。


両脇と奥は建物に囲まれています。
建て主さんは設計のお仕事をされていることもあり、
様々なアイデアを出していただきながら
間取りについてじっくり話し合いを重ねました。

(打合せの期間中に奥様の妊娠→ご出産という大きな出来事がありました!
ちのちゃんのためにも、良い家にしましょうね!!)




d0031378_18575017.jpg
5月上旬に、いよいよ工事着手!

地盤の補強工事を行いました。


d0031378_18581691.jpg
基礎も通常の木造住宅より
頑丈です。

「木造と、鉄骨造の中間」

に位置するような構造です。


d0031378_18584096.jpg
基礎ができました。

(写真はガレージ部分)




d0031378_18585982.jpg
黒い金具は、柱を基礎と直結して固定するための専用金物です。


d0031378_18591724.jpg
柱を脇から差し込んで、


d0031378_18593516.jpg
ピンを打ち込んで固定します。
柱と梁も、同様の手順で固定していきます。

実にシンプルな構造で
金具が表にあまり見えないように
出来ることも特徴のひとつです。
by sora-peso | 2009-06-05 19:01 | ●宮原 ガレージのある家 | Trackback | Comments(2)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧