<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

御茶ノ水 と 物件探し

先日、お茶の水へ立ち寄った時の写真です。

d0031378_1538387.jpg

文化学院の校舎。エントランス部分です。
わりと新しく見えますが、古い建物を残して改築された様子で
とても良い雰囲気です。すぐ近くには明治大学の校舎があり、
そちらはみなガラス張りのとても近代的な高層ビルに生まれ変わって
いて驚きます。昔の面影はほとんど見つけることができません。

d0031378_1539458.jpg

山の上ホテル
建築家・ヴォーリズの設計だと知ったのは
数年前に友人の結婚のお祝いで訪れた時でした。

お茶の水へは、JR中央線への乗り換えで降りることが多く
その時は画材店・レモン画翠へよく立ち寄ります。
少し時間があるときは、建築専門書店の南洋堂へ。
専門書は高価な本が多いのですが、1割くらい割引してくれる
ところが助かります。
(両方のお店とも、私が学生だった頃からあまり変わって
いないところも魅力です。)



この日お茶の水を訪れたのは、高円寺からの帰り道です。
高円寺で中古物件を探している方と一緒に築38年の建物を
見てきました。
人気のエリアだけあって、私たちが見ている間にも他に2組の
ライバルが現れました。不動産屋さんの話しでは既に7組の
申込みが入っているとか。
また、万が一購入に至った場合に、「建て替えた方が良い?」
「リフォームでまだまだ住める?」といった悩ましい問題があります。
個人的な感想としては同じ築年数でも、建て直した方が良いかも知れない・・
という建物もあれば
うまくリフォームや補強をして住みましょう!という建物もあります。
ですが住む方の考え方・価値観は様々ですから、1件1件慎重に判断する
必要があります。

建物の設計作業は自分たちのスケジュールで動くことが可能ですが、
土地についてはタイミングもあるので難しいですね。
不動産屋さんにも決断を迫られるし・・・
良い物件にめぐり会えるといいですね!




d0031378_15392280.jpg
翌日は、柏市内で中古住宅の調査を
行いました。

なんと中学校時代の友人からリフォーム設計の相談です。


d0031378_15393634.jpgダイニングテーブルや椅子も、家具職人の同級の仲間に頼んでいるとのことで、なんだか楽しい現場になりそうです。

d0031378_15394955.jpg


「どんなところを調べているのですか?」と質問を受けることがあります。

とくに屋根や外壁の雨漏り、床下の腐食や白アリの害、それから大事な構造の状況などについて注意して見ています。それから、リフォーム時に間取りの変更を希望される方が多いため(部屋と部屋をつなげて大きくしたり。)、事前に柱や梁の位置・組み方を調べておくことでどの程度間取りを操作(強度を落とさずに)できるか頭に入れておきます。あとは仕事場に結果を持ち帰り、間取りや補強部材の状況を判断して、耐震強度の計算を行います。



【お知らせ】
・今年1月から設計を進めていたマンションのリフォーム工事が始まります。
 一部間取りを変更し、風通しや収納の使い勝手について話し合いました。
 無垢の落ち着いたフローリングと、シンプルな白い内装。
 いよいよ現場が動き出しますので、完成までよろしくお願いします!

by sora-peso | 2010-03-21 18:04 | ●物件探し | Trackback | Comments(0)

むかしと今を考える(柏・我孫子)

d0031378_6573854.jpg
むかし三樹荘という建物が建っていた場所です。(我孫子市)

住んでいたのは柳 宗悦。柳 宗理のお父さんです。
敷地内にはバーナードリーチが釜を築いていた時期もありました。

その向かいには、柔道の父・嘉納 治五郎の家がありました。
柳宗悦の伯父にあたる人です。

脇の方には武者小路実篤が住みました。

d0031378_657555.jpg
少し歩いたところにこんな家が建っていました。

住んでいたのは志賀 直哉。

大正時代のことです。

当時の手賀沼はとてもきれいでした。

d0031378_658117.jpg
ここからまた少し歩いて行ったところに建つ『白樺文学館』には、当時の貴重な資料がたくさん保管されています。雑誌「白樺」のオリジナルも保管されています。白樺派にご興味のある方は是非行ってみてはいかがでしょう。

(個人的には、ルーシー・リーの2つの器に出会えて感激しました。
昨年は展覧会へ行かれなかったのですが、こんなに近くにあったなんて。当時の文人たちの手紙も興味深いです。こういうもの、大好きなんです・・)





d0031378_6583219.jpg
今の柏駅の様子。これは航空写真ではなくて模型です。(製作:森ビル)
常磐線の開通は明治時代。今から114年前のことです。

1973年に日本で最初となる駅前のダブルデッキが完成し、そごう・高島屋がオープン。私が生まれた頃の出来事です。
この頃の柏市の人口は約20万人。現在は倍の約40万人に増えました。



d0031378_6584934.jpg
このような時代背景をまとめる年表を作成しました。

明日は千葉県内から60名ほどの建築士たちがこの地を見学に訪れます。
1月から7人のグループで準備を進めてきました。

地元のことでも知らないことは結構あるものです。
まちづくりを考える最初の一歩として、歴史的背景を調べることは
重要なことだと思いました。

過去があり、今があり、そして未来があるからです。

by sora-peso | 2010-03-11 22:00 | ●探訪(街・建物) | Trackback | Comments(0)

マスコットキャラクター

先日、あるマスコットキャラクターの審査員をつとめさせていただきました。
このような経験は初めてのことです。

市が募集して集まったキャラクターは、全部で150点近くもありました。
私はきっと市内に住む子供たちの作品が多いのだろうと思っていたら
とても力の入ったデジタル画像化された作品が多く、大半は全国のプロのイラストレーターさんからの応募だったと聞いて驚きました。

選ぶ側としては、そのデザインの良し悪しだけではなくて
・目的のマスコットキャラクターとしてふさわしいか
・地域性を表しているか
・皆にとって分かりやすく、親しみやすいか
・印刷物にした時に(白黒や、小さくなっても)見やすいか
・他で類似したキャラクターがないか
など様々な視点で判断する必要がありました。

今回は"着ぐるみ"は想定されていませんでしたが、そのような時は
実際に制作が可能?人が入れる?なんていうことも選定条件に入るのかも
知れませんね。

1位に選ばれたのは、やはりプロのイラストレーターさんの作品でした。
(審査時は匿名です)おめでとうございます!



d0031378_99671.jpgこれは昨日妻が描いた私の似顔絵!!

なんだかショック。

「こんな顔してる?」
と聞いたら
「ちょっと大げさに描いたけど、だいたいこんな感じ」
とのこと。

そばかすがだいぶ増えた事は確か。
他の人からはこんな風に見えているのかなぁ・・・

先日、初めてお会いした方との打合せの中で
「顔写真がブログやHPにあまり出ていないので、どんな人なの
かと思っていました。」というお話しがありました。

私は人前で目立ったり、写真に写ることもあまり好きではないので
たしかに自分の写真を人に見せることは少ないかも知れません。
反省して、今後は少し意識して写真を載せてみたいと思います。

by sora-peso | 2010-03-10 08:38 | ・日々の事 | Trackback | Comments(3)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧