<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クリスマス

d0031378_06523718.jpg



d0031378_06524005.jpg



楽しいクリスマスをお過ごしください!


今年は窓まわりの飾り付けを子供たちが手伝ってくれました。





by sora-peso | 2014-12-24 06:57 | ●双子の家 | Trackback | Comments(0)

火のある生活ー薪ストーブの設置ー

d0031378_08223500.jpg


こちらは『ぬけ道のある家』
昨年の夏に薪ストーブを導入されました。

少し手間がかかりますが
家中暖かくて、冬の夜が楽しいものに変わりますね。

いつか我が家にも・・・


d0031378_08134500.jpg

d0031378_08134756.jpg

(ストーブはノルウェーのストーブメーカー ヨツール製 / F 400)




by sora-peso | 2014-12-22 07:52 | ●ぬけ道のある家 | Trackback | Comments(0)

ジューンベリー

d0031378_05111911.jpg


先日のこと。南阿佐ヶ谷のTさんのお宅をご訪問させていただきました。

完成から約3年が経過し、庭も建物も街にすっかり馴染んでいて
良い表情になってきましたね。

リビングの前に植えた ジューンベリー が大きく成長していました。


(お招きいただきまして、ありがとうございました!)





by sora-peso | 2014-12-17 05:52 | ●南阿佐ヶ谷の家 | Trackback | Comments(0)

工事完了

富津の平屋の家(2)


d0031378_05353930.jpg

富津の平屋の家は無事に工事が完了して、昨日お引き渡しを終えることが出来ました。

色々とお世話になりましてありがとうございました!

これから年末にかけてお引っ越しと、ご友人たちと一緒に室内の漆喰壁を仕上げる工事が行われます。仕上がりが楽しみです。


(工事の様子はまた後日ご紹介させていただきます)




d0031378_06211567.jpg

富津には『潮干狩り』の思い出があります。
子供の頃、何度か連れて行ってもらいました。

暖かくなったら家族を連れて行ってみたいと思います!
















by sora-peso | 2014-12-11 06:29 | ●富津の平屋の家 | Trackback | Comments(0)

冬の朝の光

かわべの家(5)

はく息が白いです。
飯能の朝はだいぶ冷え込むようになってきました。

d0031378_06263648.jpg


外壁が仕上がりました!
やさしい白の具合がちょうど良かったと思います。


d0031378_06263908.jpg


大工さんの工事が終わり、内装の下地処理が行われています。
窓から入ってくる光の様子を注意深く観察することは
いつも現場で気を付けていることのひとつ。
時間帯、それから季節によって大きく変化します。


d0031378_06264214.jpg


吹き抜けの足場板を外したら・・・
その光景を想像するとますます完成が楽しみになってきます。
丁寧に仕上げてくださってありがとうございます。

ここからは内装を自主施工するためIさんご家族へしばらくバトンを渡します。
月末には家具職人さんが製作中のキッチンがいよいよ仕上がり
運ばれてきます。本当に楽しみです。




by sora-peso | 2014-12-09 06:53 | ●かわべの家 | Trackback | Comments(0)

外壁・軒・窓

清水公園の家(3)

外壁の工事がほぼ完了しました。
ダークグレーのガルバリウム鋼板で仕上げています。

d0031378_04182008.jpg

いよいよ12月に入り、職人さんたちはとても忙しい時期を迎えています。

軒裏の塗装や、雨樋の取り付けを行って、年内に足場が取り外される予定です。

d0031378_04182277.jpg

深く出した軒(2階南側)は

雨を除ける、夏の日差しを遮る効果があります。

d0031378_04182467.jpg

1階部分の縁側空間

軒裏を杉の板で仕上げていますので

外壁は金属ですが、やわらかい印象になりますね。

d0031378_04182772.jpg


目線が抜ける窓を意識して設置しています。(ここは階段室)

ただ通り抜けるだけの場所ではなくなり、気持ちの良い空間になります。
あえて閉じた空間をつくることもあるので、そのバランスが難しい・・・

・ちょっとだけ空が見える
・路地の先の遠くが見える
・お隣の木が見える

窓の配置・高さを決めるのは大抵、まだ更地の敷地の状態ですので
想像力を働かせるのにいちばん苦労するポイントでもあります。


最近は内装の仕上げに向けて、色を決める作業などで
建て主さんにも現場へお越しいただく機会が増えています。
いつもありがとうございます!!





d0031378_05115118.jpg

上の写真は、今年竣工した流山の家での事例です。
テレビ台の脇に窓を配置しました。
脇に建物が建っているのですが『ここは目線が抜けるポイントになりそう!』と
敷地を見たときの印象を大事にとっておいて、間取りをつくっていきました。



by sora-peso | 2014-12-06 04:56 | ●清水公園の家 | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る