タグ:断熱材 ( 3 ) タグの人気記事

調湿と防音

音楽室のある家(2)

セルローズファイバーという断熱工事が行われました。

d0031378_22024726.jpg

柱と柱の間に、ぴっしりとシートを貼り
断熱工事の準備を行います。

d0031378_22025847.jpg

これがセルローズファイバーと呼ばれる天然の木質繊維で
新聞紙から作られています。

機械へ投入・・・


d0031378_22030464.jpg

ホースの中を通って・・・

d0031378_22030973.jpg

シートの中に吹き込んでいきます。


d0031378_22031357.jpg

壁だけでなく、屋根面にも施工。
吹き込みが終わった壁面を触ってみると、体育館の体操マットのような感触。
普通の断熱材と大きく違うことは、とても高密度でぱんぱんに詰まっています。


住宅で使用される断熱材の中ではコストがかかる工法ですが、
今回こちらの断熱材を採用した目的は、高い調湿効果に加え
防音効果も期待してのことです。


今年も夏は猛暑でしたが、断熱は冬の寒さだけでなく
夏の暑さも和らげてくれます。施工したのは8月のことでしたが
現場はだいぶ過ごしやすくなりましたよ!











by sora-peso | 2015-09-07 22:37 | ●音楽室のある家 | Trackback | Comments(0)

木製サッシ

南阿佐ヶ谷の家(5)

リビングの南面に木製のサッシが付きました!

d0031378_1211357.jpg

本体の重量はものすごく重いですが、動作はとてもスムーズです。

d0031378_1211888.jpg

木製サッシの何より良いところは、「窓を開けることが楽しくなる!」ことです。
私も自宅の一部に設置しました。木のサッシは開け閉めする時の音や手に伝わってくる感触がとても良くて、近代のアルミサッシの普及で忘れられてしまった温かみを感じることができます。
(それだけでなく断熱性能は通常のアルミサッシより格段に良くて、枠の結露も心配ありません。)

注意点は費用のことと、長持ちさせるために雨がかかりにくい工夫をすることですね。

d0031378_1242820.jpg

木部にはオスモという自然塗料で塗装を行います。
建て主さんに色を選んでいただきました。

d0031378_1212246.jpg

屋根の断熱材を入れています。
小屋裏空間を有効に使うためにも、断熱性能はとても重要になります。

d0031378_1212518.jpg

屋根の外側にも断熱材を敷き込みました。

(自然素材から出来ている断熱材を使用しています。浦和の大工さんの家でも使用していて、夏場の工事が苦にならなかったと好評だったものです。)

d0031378_1212870.jpg

床暖房の工事が完了しました。

(温水式の床暖房をリビングとキッチンに)



これから内部造作が進んでいきます。

2層分の高さがある大きな本棚の製作や、板張りの浴室など・・・
お楽しみに!
by sora-peso | 2011-11-14 12:55 | ●南阿佐ヶ谷の家 | Trackback | Comments(2)

見えないところはしっかりと

N邸・2世帯の家(8)

壁の中にふかふかの、ぶ厚い断熱材を入れました。

d0031378_11593772.jpg

この白い綿状に見えている断熱材の原料は、ペットボトルをリサイクルしたPET樹脂です。

一般的に広く使用されている他の断熱材に比べ、断熱性能に優れ、人と環境に優しい素材です。(吸音性能も高いです。)


冬になると、私自身もペットボトルから出来たパタゴニアのフリースにお世話になっていますが、家も快適な断熱材で包んであげたいもの。
その他に、床下、屋根裏にも別のパネル状の断熱材をしっかり入れました。
d0031378_12131196.jpg



見えなくなってしまう部分だからこそ、(やり直しが出来ないので)良い材料の選択を心掛けます。この家のメインテーマです。
by sora-peso | 2006-06-29 12:20 | ●立石の2世帯住宅 | Trackback | Comments(0)

自己紹介...丹羽 修(ニワオサム):『双子の家』の住人。NLデザインという設計事務所を営んでいます。このBlogは家づくりの様子、日々の仕事や生活の記録です。


by sora-peso
プロフィールを見る
画像一覧